働く人の心の病が問題化、それに合わせメンタルヘルスマネジメント検定のニーズも上昇! メンタルヘルス問題を未然に防ぐ人と起こして後悔する人 メンタルヘルス検定に合格する人 と失敗する人 その差はわずか、その違いとは?






































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































職業生活に強いストレスを抱える人が増加し、働く人の心の病が社会問題化しています。

この様な背景の中で、大阪商工会議所主催で職場のメンタルケアを目的とした
メンタルヘルス・マネジメント検定試験のニーズが急上昇。

「聞いたことあるような、無いような・・・・・・」

「どんな資格だ?、役に立つのか?」

とお思いになるかもしれません。

この検定は、2006年に大阪商工会議所が、厚生労働省の「労働者の心の健康の
保持増進のための指針」をもとに、働く人の心の病のケア(防止と対応)を目的に開始
されました。

メンタルヘルスに必要な、精神医学、臨床心理学、産業・組織心理学、組織論、
労働法学、コミュニケーションなどの知識・技術・態度を網羅。

それらを体系的に習得できることが特徴です。

また、対象別に3つのコースが設定。
  Ⅰ種(マスターコース)・・・組織全体のメンタルヘルス対策
  Ⅱ種(ラインケアコース)・・・部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策
  Ⅲ種(セルフケアコース)・・・従業員自らのメンタルヘルス対策

そのため、必要とする幅広い分野、各立場に応じたアプローチを学べます。

              < 職場のストレスに関わる方におすすめです >  
   管理職・マネージャー、経営者
   
産業保健スタッフの方(産業医・保健師)
   
カウンセラー・相談員
   
人事労務担当者
   
メンタルヘルス関連の教育研修講師
   
上記の職種を目指す方

           < こんな思いをお持ちの方にもおすすめです >
  メンタルヘルス問題に適切な対策・防止をしたい
  
部下(従業員)のモチベーションをアップさせたい
  社員の流出を防ぎ、定着率アップをはかりたい
  
企業の社会的責任・法令遵守に取り組みたい
  資格を短期間で確実に取得したい
  
関連職として信頼性をアップしたい
  
自分も周りもストレスを軽減させ,心身を充実させたい

       (メンタルヘルスマネジメント検定試験の詳細)
I 種・マスターコース II 種・ラインケアコース III 種・セルフケアコース
【目 的】 【目 的】 【目 的】
社内のメンタルヘルス対策の推進
(事業場内ケア対策)
部門内、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進
組織における従業員自らのメンタルヘルス対策の推進
【対 象】 【対 象】 【対 象】
人事労務担当・管理者、経営幹部向け
管理職、管理監督者向け
一般社員および新入社員向け
 【達成目標】 【達成目標】 【達成目標】
自社の人事戦略・方針を踏まえたうえで、メンタルヘルスケア計画、産業保健スタッフや他の専門機関との連携、社員への教育・研修等に関する企画・立案・実施ができる 部下が不調に陥らないよう普段から配慮するとともに、部下に不調が見受けられた場合には、安全配慮義務に則った対応を行うことが出来る。 自らのストレスの状況・状態を把握することにより、不調に早期に気づき、自らケアを行い、必要であれば助けを求めることができる。
 【出題内容】 【出題内容】 【出題内容】
(1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
(2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
(3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(4)人事労務管理スタッフに求められる能力
(5)メンタルヘルスケアに関する方針と計画
(6)産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
(7)相談体制の確立
(8)教育・研修
(9)職場環境等の改善
(1)メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)職場環境等の評価および改善の方法
(4)個々の労働者への配慮
(5)労働者からの相談の方法
 (話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
(6)社内外資源との連携と労働者のプライバシーへの配慮
(7)心の健康問題で休業した労働者の職場復帰支援
(1)メンタルヘルスケアの意義
(2)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
(3)セルフケアの重要性
(4)ストレスへの気づき方
(5)ストレスへの対処、軽減の方法
【受験資格】 【受験資格】 【受験資格】
学歴・年齢・性別・国籍に制限はありません
 【問題構成・時間】 【問題構成・時間】 【問題構成・時間】
マークシート方式:2時間
論述式:1時間
マークシート方式:2時間
【配 点】 【配 点】 【配 点】
(1)マークシート方式:100点
   (2)論述式:50点
マークシート方式:100点
【合格基準】 【合格基準】 【合格基準】
(1)(2)得点の合計が105点以上。
但し、論述式の得点が25点以上
70点以上の得点
               (メンタルヘルスマネジメント検定試験の合格証)
 山本晴義 先生 のコメント
  うつ病というのは「心の風邪」と言われ、誰でもかかる可能性がある
  ものなのです。 

  しかし、そういった認識が浸透しているとは言えません。
  そのため、風邪をこじらすようにして自殺に至っている人が少なくない
  はずです。

  この様な悲劇を未然に防ぐにも、プライマリケアの段階でメンタル面にも
  気を配る。必要であれば心療内科や精神科の専門医に紹介できる
  体制が、今求められていると思います。

横浜労災病院
メンタルヘルス
センター長
山本 晴義 先生
※当該検定試験の名称は大阪商工会議所の登録商標になります。


株式会社チーム医療では、Ⅱ種ラインケアコースの2日間集中対策講座を開催
します。

Ⅱ種の過去の合格率は、概ね50%前半です。
もし、合格できなかった時は、それにかけた時間、お金、労力が無駄になってし
まいます。

弊社では以前に団体特別試験と対策講座を2年間行った実績があり、
その際の合格率は96.9%、満足度は89.3%を記録しました。
そのノウハウを活かし、公開試験に対して徹底サポート致します。

<注意>
この講座では、実際の検定試験は行いません。
大阪商工会議所が主催する公開試験をお申込下さい。
公開試験のお申込方法は大阪商工会議所ホームページをご覧ください。
特徴1、公式テキストの要点をまとめた講義
  
公式テキストは、複数の著者による構成であり、統一性や関係性が薄い内容で
理解しづらい部分もあります。

そこで、重要なポイントと関連分野をまとめて講義を行います。


特徴2、実践になれるための練習問題&過去問

何となく理解していたことをより深め、腑に落ちるようにするには、
実際の練習問題を解くこと最適です。

問題を解くことで、試験の傾向としての重要なポイントが改めてわかり、
実力を養うことができます。

また、過去問を行うことで、実際の試験問題の出題がイメージでき、
試験を受ける際の注意点や時間配分なども養うことができるのです。

そのため、問題数が多いことがポイントです。

ただし、公開試験は4択の50問。実質上は50×4=200問 の
○×を解くことになります。

当然、これらの問題は公式テキストの一部であり、出題範囲を理解する
ためいは、200問の2倍以上の500問以上を解くことが不可欠に
なります。

練習問題(650問)と過去問をご用意しました。


特徴3、全内容の説明と試験対策に不可欠な2日間

幅広い分野を網羅するⅡ種を深く理解できる様に解説し、実際に練習問題を行う
には最低でも2日間が必要です。

対策講座を1日で行っている他の団体や業者も存在します。

しかし、急ぎ足での詰め込み式であり、理解も深まらずに疲労だけがたまります。
また、練習問題や模擬試験などもありません。

チーム医療の講座では、
①各章ごとに解説 → ②章のまとめ → ③練習問題 → ④答えあわせと解説
の流れで行い整理して理解したうえで、次の章に移ります。

そして、2日目の夕方に全分野も網羅する形で、本番に近い模擬試験も実施します。
1日目(10:00~17:00 2日目(9:30~16:30)
(第1章) 「メンタルヘルスの意義と管理監督者の役割」
(第2章) 「ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識」
(第3章) 「職場環境等の評価および改善の方法」
(第4章) 「個々の労働者への配慮」
(第5章) 「労働者からの相談の方法」
(第6章) 「社内外資源との連携と労働者のプライバシーへ
      の配慮」
(第7章) 「心の健康問題を持つ復職者への支援の方法」
【模擬試験】


特徴4、質の高い講師が解説

講義を担当するのは新井先生です。

先生は、大手電気メーカーにて総務業務を経験後、現在、某電機メーカーにて
人材開発、メンタルヘルス関係業務に従事していました。

40年弱も、現場での数々の経験を積み、部長として管理職を対象とした
教育研修、安全衛生なども行ってきました。

また、法学部卒業のため法律分野に強い上に、リラクセーション法として
自律訓練法の指導者、カウンセリングの専門家でもあります。

更には、ご自身もメンタルヘルス検定Ⅰ種を取得し、2007年からのチーム医療
での対策講座の講師を担当してきました。

そのため、過去の試験傾向には精通しています。

受講者からは、丁寧、親切であり、非常にわかりやすい解説との評判。

まさに、メンタルヘルスマネジメント検定の幅広い分野と傾向に精通し、
それらを理解しやすく皆様に伝えることが出来る最適の講師です。


また、先生が経験した事例をお伝えしたり、受講者からの質疑応答にも
その場で対応
いたします。

新井先生からのコメント
  私は2つの会社で管理監督者として多くの部下と一緒に仕事をしてきました。
  また、総務という立場で会社のメンタルヘルスマネジメントにも携わってきました。

  この講座では、私自身の経験を踏まえ、管理監督者の目線から、
  次の2つをポイントに、お話しさせていただければと思っております。

   ①メンタルヘルスマネジメント検定第Ⅱ種試験に絶対合格していただくこと。
   ②職場に帰られてからも役に立つ知識を持ち帰っていただくこと。
新井 典生(あらい のりお) 先生

  • 産業カウンセラー
  • 日本自律訓練学会準会員
  • THP心理指導担当者
  • 衛生管理者
  • 大阪商工会議所メンタルヘルスマネジメント検定第Ⅰ種

1948年生まれ、青山学院大学法学部卒業。大手電気メーカー
にて総務業務を経験後、現在、某電機メーカーにて人材開発、
メンタルヘルス関係業務に従事。


 
  ■受講者からのコメント

  「短時間で資格取得のための勉強をしたかった。必要なポイントが理解でき、
   新井先生の説明内容がとても理解しやすかった」


  「とてもわかりやすい説明でした。公式テキストを読んだだけでは理解できな
   かったと思います。」





チーム医療は、社名が示すように日本の医療がチーム運営されることを
願って1978年に設立しました。

その間、医学的なアプローチだけでなく、心理療法、コミュニケーション、
リラクセーション、臨床栄養
などの必要性も感じ、それらに関わる教育研修の
企画・運営、出版、ビデオ・DVD教材などの事業を行ってまいりました。

開催されたセミナーは2000回以上になります。

2006年には、働く人の心の健康問題に取り組みたいという思いで、
「メンタルヘルスマネジメント検定」の取次店となりました。
同時に、社員も全員がⅡ種もしくはⅢ種の資格を取得。

検定試験という知識と資格を取得する切り口に加え、現代社会の職場の
ストレス原因の1位である「職場の人間関係」に、チーム医療の強みである
コミュニケーション、心理学、医学で働きかけをしてきました。

アサーション、傾聴、交流分析、NLP、コーチング、自律訓練法、呼吸法などの
体験ワーク中心のものと、ストレスマネジメント、職場の復帰支援などの医学的
なセミナーを組みあわせて行っています。


梅本から皆様へ
当社は、医療、教育の分野に従事する方々を対象に、臨床医学や
心理療法の専門的な知識と技法の情報提供、研修事業を行なって
きました。

最近は、多くの企業からのご要望をいただき、組織の管理者の方々
にも最新のメンタルヘルスに関する情報やそのための研修をご提供し
ています。
それほど、働く人々のストレス問題は、深刻な状況にあります。

このような状況の中、当社は、2006年から大阪商工会議所が開始し
話題になっている「メンタルヘスマネジメント検定」に注目しました。
この検定には、単なる資格取得以上の意義があると考えています。

当社の事業の基本的な目標は、人々の「健康と幸せ」です。
この検定試験の「対策講座」を行なうことは、当社の企業目標に合致
し、また当社なりの貢献になると思っています。

そこで、この「受験対策講座」は、合格のためのサポートについて
徹底的に考え、合格者のその後の活動の支援も行なえるような質の
高いものをめざして完成させました。

働く人々のメンタルヘルスに関心と志を持った、多くの関係者の方々の
受講をお待ちしています。


㈱ チーム医療
代表取締役


梅本 和比己



「本当に合格できるのか?」

「チーム医療という会社で大丈夫か?」

私たちがどんなに自信をもってお薦めしても、お申込みをするには不安が
あると思います。

今回は、はじめてご縁をもたせていただく方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、下記の様な4つの特典をご用意させて頂きました。


 <特典1> 「練習問題」をプレゼント!  

学んだことの理解を深めるためのに必要な「練習問題(弊社作成:約660問)」を
プレゼントします。


 <特典2> 「過去問題集」をプレゼント!

直近10回分の試験問題を厳選し、直前対策に最適な「過去問題集 2015年度版
中央経済社(2015年7月25日 第1版発行)」をプレゼントします。

(既に購入済の場合には、受講料より問題集の定価:税込2,376円を差し引きます)


 <特典3> DVD「自律訓練法のすすめ方」をプレゼント!

検定の出題範囲(ストレスへの対処の方法)でもある自律訓練法の仕方を解説
したDVD「自律訓練法のすすめ方」(監修・指導:桂 戴作/定価:税込4,104円)
をプレゼントします。



メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅱ種ラインケアコース 受験対策講座
日 時 2016年1月16日(土) 10:00~17:00
       17日(日)  9:30~16:30
会 場 チーム医療 2階 研修室
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
受講料 1名 35,856円(消費税込) 33,200円(本体)
その他 *この講座では、実際の検定試験は行いません。
  大阪商工会議所が主催する公開試験をお申込下さい。
  公開試験のお申込方法は大阪商工会議所ホームページをご覧ください。

*本講座には、「メンタルヘルス・マネジメント検定試験 公式テキストⅡ種
  ラインケアコース」<第3版>(2013年7月11日発行)公式テキストは含まれ
  ておりません。ご参加の場合には テキストをお持ち下さい。

*「過去問題集 2015年度版 中央経済社(2015年7月25日 第1版発行)」を
  プレゼントします。(既に購入済の場合には、受講料より問題集の
  定価:税込2,376円を差し引きます)

公開試験
受講料 Ⅱ種 6,480円
日時 2016年3月20日(日)
申込期間 2016年1月13日(水)~2月12日(金)
場所 全国15箇所

お申込みの流れは以下の通りになります。

1、申込ボタンをクリック
  ①「2日間集中-対策講座の詳細と申込」ボタンをクリックして下さい。
  ②弊社の詳細申込ホームページに移ります。
  ③ページ下の「注文する」ボタンをクリックして下さい。
   (初めて弊社をご利用される方は、WEB登録)
  ④注文内容を確認してお申込み下さい。

      ↓

2、関係書類が届く
  対策講座の受講証など関係書類を郵送にてお届けします。

      ↓

3、受講料のお支払い
  同封の手数料のかからない払込用紙(ゆうちょ銀行・コンビニ)にて、
  または、指定銀行(手数料は各自でご負担)にて教材代金のお支払い下さい。

      ↓

4、対策講座を受講
  指定の日時と会場にて受験対策講座を受講して下さい。




 社内でメンタルヘルス相談窓口が必要と思い・・・

会社の従業員が増えたことにより人間関係も複雑になり、今後、社内でメンタルヘルス相談窓口が必要と思いました。知りたくてもなかなか機会がなかった内容だったので、大変勉強になりました。

(C.Hさん 女性 40代 健康管理室)

 手早く合格への道を聞きたかった

手早く合格への道を聞きたい為。一から自分でまとめなくて良いので、ポイントのしぼったテキストはわかり易かった。

(T.Tさん 男性 20代 会社員)

 独学ではわからない事を多く学べました

やはり独学ではわからない事を多く学べました。ポイントテキストはすごく役立つと思います。法律関係の内容は、独学では理解しきれなかったのでたいへん身になりました。
 
(S.Kさん 男性 20代 SE)

 今後の改善をしていく必要があるため

当社のメンタルヘルスに関する意識が低く、今後の改善をしていく必要があると考えました。総務部という立場から発信をしていきたいと考えています。
 
(A.Sさん 男性 40代 総務部)

 付加価値が多く大変満足です

チーム医療さんのセミナーは、高額というイメージが強かったのですが、今回のセミナーは比較的手頃な値段で、かつDVDや問題集を頂ける等、付加価値が多く大変満足です。
 
(T.Kさん 女性 30代)

 ポイントや傾向、紛らわしい点を具体的に教えて頂いてありがたかった

法律関連のことはやはり難しかったです。新井先生がお話になった現実の事例も参考になりました。ポイントや傾向、紛らわしい点を具体的に教えて頂いてありがたかった。
 
(H.Yさん 女性 40代 管理職)

 休職者の対処を深めたく、資格をとってみようと思った

勤務先で人事・総務部におり、うつ病の休職者と接する時、どのように対処してよいかわからなかったので知識を深めようと思い、せっかくなので資格をとってみようと思いました。
 
(T.Kさん 男性 40代 人事・総務部)

 実践的な会社で役立つ情報を得ることができた

メンタルヘルスマネジメント検定の合否よりも、実践的な会社で役立つ情報を得ることができた。日常業務に活かしたいし、参加して良かった。

(Y.Wさん 女性 50代 会社経営)

 聞きやすい声とスピードで、内容も明確に伝わってきました

心理カウンセラーの仕事に従事しており、企業からのメンタルヘルスに関する相談、依頼が増えてきている中で、知識を学びたいと考えました。講義は、聞きやすい声とスピードで、内容も明確に伝わってきました。

(S.Mさん 女性 30代 心理カウンセラー)

 周りで同じ悩みを持つ人の力になりたい

自分自身も職場で色々と悩んでいたので、何かのきっかけになればと思い受講しました。周りで同じ悩みを持つ人の力になりたいと思った。

(R.Tさん 女性 20代 営業事務)

 私のような初心者にもわかりやすかった

社内で新人教育とフォローを行っているため、知識を学びたかった。
内容も具体例が多く、私のような初心者にもわかりやすかったです。
               
(W.Mさん 女性 30代)

 組織の方策として参考にしたかった

職場でのメンタル不全者が多く、組織的として考える方策として参考としたかった。
講習の内容はとてもわかりやすくためになるものだった。

 (H.Sさん 男性 50代 管理職)

 部下にうつ状態の者が多いため

部下にうつ状態の者が多い為。 

(Y.Uさん男性 50代 会社経営者)                                          .

 先生が丁寧に教えて頂いたので大変よかった

公式本を読む手引きになった。先生が丁寧に教えて頂いたので大変よかったです。がんばります。 

(J.Kさん男性 20代)                                          .

 現場で役立つこともあり、とても良かった

産業保健スタッフとして、仕事に役立てたいと思い参加しました。社内で行っていたことが、正しかったという安心感を得ました。現場で役立つこともあり、とても良かったです。

 (A.Aさん 女性 30代 保健師)

 「合格」のために大満足

ポイントをテキスト化していただいたのは、学習しやすくて大変良かったです。「合格」の為に大満足です。

 (H.Nさん 女性 50代)

 素人でも興味深く聞く事ができました

管理監督者は本当に知っておく必要のある内容ばかりで、大変勉強になりました。 重要なポイントが良くわかり、素人でも興味深く聞く事ができました。
個人毎に対応は変わる難しい問題ではありますが、基礎知識として知っていることは大切だと実感しました。今後も自己レベルのアップはもちろんですが、周りへも伝えていきたいと思います。

(M.Kさん 男性 40代 管理職)

 何かしらの資格が欲しかった

今、不安定な身分なので、何かしらの資格が欲しかった。
法律関係が少し難しかったが、今まで学んだ心理関係のことが形になった。

(Y.Eさん 男性 30代)     .


「とはいえ、受講料が・・・・・・」

「俺の小遣いでは昼飯ぬきだ。が、妻に相談するのは恐ろしい」

こう思うかもしれない。
もし、あなたが、愛する家族のために汗水たらして働くお父さんなら。 
  
「このお金で美味しいものも食べれるし、洋服やカバンも買える」

こう思うかもしれない。
もし、あなたが、激務で傷ついた男性の心を癒したいと思う優しい女性なら。

ただ、奥さまのご機嫌がいいときに、ケーキを土産にして、話をすれば・・・・・・

ただ、美味しいものを食べすぎて、あなたの美貌を失ってしまうかも・・・・・・

いやそれよりも、もう一度、思い出して下さい。 

なぜ、あなたがメンタルヘルス対策もしくは検定の必要性を感じたか?

「○○しなければいけない、△△したい・・・・・・」

そんな思いがあるはずです。

ダイヤモンド1カラットなら10万円でも安い。
ただの石ころなら100円でも高い。

単純な金額の高い安いではなく、払った金額以上の価値あるものを得る
ことのほうが重要だと思います。

ここまで、このページを見ていただいたあなたには、何かしらの強い問題
意識や目的意識を持っているはずです。

強い思いがあり、他の人より望みを得る確率は高く、そのスピードも速い方
だと思います。

この講座に出て学んだことを活かせば

  ・資格と知識を取得できる
  ・専門職として、周りの人を心の健康問題から守ることが出来る
  ・社員の流出を防ぎ、持っている能力を最大に発揮させることができる

など、受講料の何倍ものものを得ることができます。

逆に、

  ・試験に不合格し、お金、時間、労力を失う
  ・メンタルヘルス問題を発生させ、得がたい社員や部下を失ってしまう
  ・会社の利益が落ちるばかりか、補充の採用コスト・損害賠償請求が発生

大切なものを守り大きなメリットを得れるばかりか、それらを失う
ことにもなるのです。

まさに、天と地のほどの差です。

また、お金では買えない
  ・自分自身の成長
  ・専門職としての信頼感
  ・人の役に立つ喜び
 
などもあると思います。


「うつ病になりました。医師の診断書です。明日から長期休養が必要です」

こんなことを防ぐために・・・・・・

「主治医から診断書をもらいました。明日から復帰させて下さい」

と社員から言われた際は・・・・・・

更なる大きな問題が発生し、後悔しないために・・・・・・

メンタルヘルスマネジメント検定と対策講座の受講を!!

お薦めします。





ご不明な点、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社チーム医療 担当:川辺


メール: kawabe☆iryo.co.jp
     (☆は迷惑メール対策です。@ に変えて送信して下さい)
TEL: 03-3945-0771
FAX: 03-3945-0355
           ※平常業務 月~金曜(祝日は休み)の9:30~17:30

Page Top

Copyright(C)2007-2015 Team Iryo Inc. All rights reserved.