(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


★働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント★

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  メンタルヘルスマネジメントに関する実践的な情報を提供するメルマガ  

     ◆働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント◆
             第0002号(2007/10/24)
------------------------------------------------------------------------
    Produced by チーム医療 http://www.iryo.co.jp/mentalhealth/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「Index」

<1>Dr.山本が答えるQ&A

<2>メンタルヘルスに関する注目ニュース

<3>メンタルヘルス対策に有効な研修情報

 
------------------------------------------------------------------
<1>Dr.山本が答えるQ&A
------------------------------------------------------------------

働く人のメンタルヘルスに関するお困りの事柄に関して、横浜労災病院
勤労者メンタルヘルスセンター長のDr.山本がお答えします。


◆教育関連サービス業 企画職 39歳 男性からの質問

Q:半年ほど前に、部署の移動になり、仕事の内容が変わりました。
あるときから、私が担当する取引先から、間接的な表現で苦情的な
メールや電話を何回かもらう様になりまいた。

内容的には、私が直接ミスを起こしたことでなく、取引先のやり場の
ない怒りをぶつけられている様な気がします。

周りに話をすると、「信頼されている証拠だよ」「あなたが包容力が
あるからだよ」とあまり、相手にされません。上司に相談しても、
「仕方ないよ、あの人(取引先)は・・・」と終わってしまいます。

その頃から、なかなか寝付けず、お酒を飲んで寝ることが習慣に
なってしまいました。飲み会などでも、記憶がなくなる事が多くなり、
このままではいけないと思っています。

仕事の問題は進展せず、お酒がないと寝れない状況も変わりませんが、
誰に相談したり、どこの病院やクリニックに行っていいのか?の情報も
ありません。どうしたらいいでしょうか?


◆Dr.山本からのご返答

A:メール拝見しました。相手が取引先という特殊な関係にあることで、
対等な反論ができないのは、かなりのストレスとお察しします。

ただ、あなたのミスでないにしろ、相手方が再三にわたり苦情をあなたに
言ってくるのは、何かあなたの会社との間で、商売上の食い違い(見解の相違)
があることも推測されます。

ただ単に謝るのではなく、もう少し、具体的にどこが問題であるかをお話し、
明確化することが必要と思われます。

「火のないところに煙はたたぬ」という諺もあります。この件を「雨降って、
地固まる」「災い転じて、福となす」というふうに変えられると良いですね。

ただ、今のあなたの状況は、ストレスのために心身ともにいろいろな症状が
出ているようにも思えますので、一度、専門医(精神科医や心療内科医)を
受診し、医学的なアプローチをしてもらうのもいいと思います。
拙著「ストレス一日決算主義」(NHK出版、生活人新書、672円)も参考に
してください。


◆Dr.山本に働く人のメンタルヘルスに関わるご質問をされたい方は、
 こちら→ kawabe@iryo.co.jp こちらにご連絡下さい。
 (1)業種、(2)部署・職種、(3)役職、(4)名前(イニシャル)、(5)年齢・性別を
 ご入力の上、メール送信をお願い致します。


--------------------------------------------------------------------
<2>メンタルヘルスに関する注目ニュース
--------------------------------------------------------------------
「パワハラ自殺」労災初認定、上司の暴言でうつ病・東京地裁

男性営業マン(当時35)が自殺したのは上司の暴言などパワーハラスメント
によるうつ病が原因だとして、男性の妻が静岡労働基準監督署に労災認定する
よう求めた訴訟の判決で、東京地裁の渡辺弘裁判長は15日、暴言と男性の
うつ病発症や自殺との因果関係を認め、労災の不支給を取り消した。
パワハラによる自殺に労災を認めた判決は初めてという。

日本経済新聞
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20071016AT1G1503J15102007.html


--------------------------------------------------------------------
<3>メンタルヘルス対策に有効な研修情報 
--------------------------------------------------------------------

「メンタルヘルスマネジメント検定2種&対策講座」
11月10〜11日開催 東京(新宿NSビル)
お申込みはこちら→ http://www.iryo.co.jp/q373.html
詳細はこちら→ http://www.iryo.co.jp/mentalhealth/index.html


大阪商工会議所が主催するメンタルヘルスマネジメン検定2種
の対策講座と資格取得するための検定試験を2日間で行います。

2種は、上司としての部下のメンタルヘルス対策の推進を
目的とした管理者向けのラインケアコースです。

上記のパワハラの記事の様に、働く人にとって上司の存在は
非常に大きな要因です。

医療・心理分野セミナー1600回以上の実績を活かして、
各専門分野で活躍の心療内科医、カウンセラー、安全衛生管理者、
NLPトレーナーが講師として、実践的な情報の提供とポイント
を抑えた対策講義を行います。

万が一、試験に不合格になった場合には、次回の対策講座には
無料で受講し(検定料のみご負担)、合格まで完全サポートします。

お申込みはこちら→ http://www.iryo.co.jp/q373.html
詳細はこちら→ http://www.iryo.co.jp/mentalhealth/index.html


============================================================================

■チーム医療が提供するメンタルヘルスに関するホームページ
http://www.iryo.co.jp/mentalhealth/

■チーム医療のホームページ
http://www.iryo.co.jp/
交流分析・コーチングなどコミュニケーションに役立つ情報を発信しています。

◆このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
購読の解除も、「まぐまぐ」のホームページで行って下さい。

=========================  企画・発行  ==================================
企画発行:チーム医療
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
http://www.iryo.co.jp/
発行責任 :梅本和比己・川辺晶弘 
kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)
============================================================================
【注意・免責事項】
◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
 一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007 Team Iryo Inc. All rights reserved.


トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.