(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
-メンタルヘルスマネジメントに関する実践的な情報を提供するメルマガ-  
  <働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント>    
 
第0006号(2008/03/27)チーム医療 http://www.mental-health-management.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「Index」
 <1>Dr.山本が答えるQ&A
 <2>メンタルヘルス対策に有効な研修情報 
 <3>メンタルヘルスに関する注目ニュース

------------------------------------------------------------------
<1>Dr.山本が答えるQ&A
メンタルヘルスに関する現場でお困りの事柄に関して、横浜労災病院
勤労者メンタルヘルスセンター長のDr.山本がお答えします。
------------------------------------------------------------------

◆Q:「家族や友人に愚痴をこぼしたり相談するのが憚られ悶悶します」
   知的財産関連業務 主任 36歳 女性

今の職場には、1年前に転職しました。配属先は、前任者が一斉に退職した
あとで引継ぎはほとんどありませんでした。

以前も同様の職種のため、ある程度は自己判断が可能ですが、実務経験豊富
な先輩・上司が不在なので途方に暮れることも多々あります。

そんな中、未経験者が次々と入社してきて、自分も手探り状態でありながらも
役職を与えられ指導にあたることになりました。

法定期限が定められている書類が常に山積みになっており、日々締め切りに
追われています。

一つの見落としが多額の損害賠償につながるので、経験が浅い部下だけに
任せて帰れず、入社当初から深夜残業が続いています。

残業が辛いことを上に伝えましたら、「部下に安心して任せられるような
教育をしない方にも責任がある」と言われ悲しくなりました。

ここ1〜2ヶ月、風邪でもないのに咳が止まらなくなったり、胸痛や不整脈が
あります。偏頭痛も頻繁に起こります。

休日に気晴らしすればよいのですが出かける気になれません。

追い立てられる毎日から逃げ出したくなりますが、部下のことや今後の生活
を考えると安易に退職することができません。

このままではいけないとは感じるのですが、病院に通う時間も惜しいです。
それでも行くとしたら、まずはどこに診てもらうのが適切でしょうか?
それとも、病院に行く前に何かできることがあるでしょうか?

自分で決めた職場なのだと思うと、家族や友人に愚痴をこぼしたり相談する
のが憚られ独りで悶悶としています。
山本先生にアドバイスをいただけると嬉しいです。



◆A:「自分と仲間を信じ、自分の出来るだけのことをやればいい」
   Dr.山本からのご返答

メール拝見しました。お辛いご様子、伝わってきます。あなたのメールからの
判断ですが、酷い職場ですね。酷い職場に働いていて、心身の不調が出ている
こと、何ら異常ではありません。

正常な身体(心身の)反応と思ってください。もっともそのことで、日常生活
に支障がでたり、苦痛があるわけですから、一度、きちんとメンタルの専門医
(精神科医や心療内科医)を受診し、適切な診断と治療を受けることをお勧め
します。専門的な治療(薬物療養や精神療法)で、今の苦しい症状は軽くなる
と思います。

もっとも、ストレス反応の原因であるストレッサー(職場ストレス)に対し何ら
かのアクションを起こさなければ、例えお薬で症状が軽くなってもまた同じ状況
になる可能性はあります。

わからないことは、わからない、と上司あるいは、社長にきちんとお話し、
あなたが納得できる状況で、仕事を引き受けてください。

また、時間をかけてゆっくりと職場の体制も整えてください。

ちょっと責任感を(能力以上に)もちすぎているように思われます。
その結果、ストレスの悪循環に陥っているようです。自分を信じ、仲間を信じ、
自分のできる範囲で、できるだけのことをやればいいのですよ。

それ以上は、できないことはできないと、上司にきちんと告げてください。

まとめますと、
1)専門医をまず受診してみる。
2)できることをやり、できないことはできないと認識し、上司にその旨、お話ください。
3)仕事や職場のために、倒れることはありません。(山本晴義)



◆Dr.山本にご質問をされたい方はこちら→ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)

 (1)業種、(2)職種、(3)役職、(4)名前、(5)年齢をご入力の上、
 メール送信をお願い致します。



--------------------------------------------------------------------
<2>メンタルヘルス対策に有効な研修情報 
--------------------------------------------------------------------

■セルフケアに活かす認知療法的アプローチ■
------------------------------------------
 日 時/平成20年4月19日(土)9:30 〜 16:30

 講 師/小林 展子(ポンティキュラス心理研究所代表)

 参加費/23,100円(税込 → Web価格 21,000円(税込)

 詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q551.html


■メンタルヘルスに活かす傾聴特訓トレーニング■
---------------------------------------------
 日 時/平成20年5月18日(日)10:00 〜 16:30

 講 師/山本 晴義(横浜労災病院メンタルヘルスセンター長)
     浅野 薫 (マインズ総合研究所代表取締役)

 参加費/25,200円(税込)→ Web価格 23,100円(税込)

 詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q553.html


■自分も相手も元気になる「聴く&訊く」コミュニケーション■
---------------------------------------------------------
 日 時/平成20年6月22日(日)9:30 〜 17:30

 講 師/有滝功(慶應丸の内シティキャンパス客員コンサルタント)

 参加費/25,200円(税込)→ Web価格 23,100円(税込)

 詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q556.html


■アサーティブネス・トレーニング【基礎講座】■
-----------------------------------------------
 日 時/平成20年7月19日(土)〜20日(日)

 講 師/森田 汐生(特定非営利活動法人アサーティブジャパン代表理事)

 参加費/42,000円(税込)→ Web価格 39,900円(資料代・消費税込)

 詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q560.html



------------------------------------------------------------------
<3>メンタルヘルスに関する注目ニュース
------------------------------------------------------------------

◆「心の病」治療へ連携 県内75医療機関がHP開設

 うつ病などの精神疾患を治療する県内の医療機関を紹介するホームページ
 (HP)「こころのドクターナビ」が5日開設される。
 県精神病院協会が、厚生労働省の本年度障害者自立支援調査研究プロジェ
 クトの一環として立ち上げる。

 中日新聞(2008/3/5)
 http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20080305/CK2008030502092652.html


◆損保ジャパン子会社、「メンタルヘルスサポート倶楽部」を提供

 株式会社損害保険ジャパンの100%子会社で、メンタルヘルス対策の
 サービス提供を行う株式会社損保ジャパン・ヘルスケアサービスは、
 2008年4月1日から、企業の人事・労務管理者向け会員制サービス
 「メンタルヘルスサポート倶楽部」の提供を開始します。

 日経プレスリリース(2008/3/10)
 http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=184067&lindID=3


◆保育士に労災認定=園児父の強硬要求でうつ病に

 父親から執拗(しつよう)なクレームを受け、うつ病やストレス障害と
 診断され、兵庫労働局西宮労働基準監督署に労災認定されていたことが17日、
 明らかになった。

 時事通信(2008/3/17)
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=200803/2008031700655


◆「自殺率」全国ワースト2 前年同期比35人増加 宮崎県、うつ病対策強化へ

 宮崎県では08年度、うつ病対策強化を柱に市町村と連携した自殺対策支援や
 産業医などの人材育成、自殺未遂者・遺族ケアなどの「自殺ゼロ」プロジェクト
 推進事業に取り組む

 西日本新聞(2008/3/25)
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/miyazaki/20080325/20080325_002.shtml


◆福岡県公立小中高教員 心の病で休職85人 昨年5月現在 3年前の2倍

 福岡県教委は24日、政令市を除く県内の公立小中学校、高校、特別支援学校の
 教員のうち、精神性疾患を理由とした病気休職者は85人(昨年5月1日現在)で、
 3年前の約2倍に上ることを明らかにした。

 西日本新聞(2008/3/25)
 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20080325/20080325_002.shtml


============================================================================

■チーム医療が提供するメンタルヘルスに関するホームページ
http://www.mental-health-management.jp/

■チーム医療のホームページ
http://www.iryo.co.jp/
交流分析・コーチングなどコミュニケーションに役立つ情報を発信しています。

◆このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
購読の解除も、「まぐまぐ」のホームページで行って下さい。

=========================  企画・発行  ==================================
企画発行:チーム医療
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
http://www.iryo.co.jp/
発行責任 :梅本和比己・川辺晶弘 
kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)
============================================================================
【注意・免責事項】
◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
 一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007 Team Iryo Inc. All rights reserved
トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.