(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
-メンタルヘルスマネジメントに関する実践的な情報を提供するメルマガ-  
  <働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント>    
 
第0009号(2008/08/29)チーム医療 http://www.mental-health-management.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「Index」
 <1>Dr.山本が答えるQ&A
 <2>メンタルヘルス対策に有効な研修情報 
 <3>メンタルヘルスに関する注目ニュース

------------------------------------------------------------------
<1>Dr.山本が答えるQ&A
メンタルヘルスに関する現場でお困りの事柄に関して、横浜労災病院
勤労者メンタルヘルスセンター長のDr.山本がお答えします。
------------------------------------------------------------------

◆Q:「性格なのか?おかしくなっているのか?の区別もつきません」
   技術営業職チーフ M・K 29歳 男性

私は6ヶ月程前に、昇進をして部下を8名持つ立場になりました。
私の部署は、コンピュータの技術営業職で殆んど外出先しています。

もともと、私は遅刻をしたり、連絡が取れなくなったりと勤怠に
問題がありましたが、上司から「お前もしっかりしろ。部下を
持つことで責任感も出るだろう」とのことで昇進しました。

しかし、上からはノルマやキャンペーンの指示など、無理難題が
次々と来ます。その事に関して部下に指示を出すと、「そんな無茶
な事を言わないで下さいよ。現場の大変さを知っているのに・・・」
と言われ、ほとんど言うことをきいてくれません。

上からはプレシャーがかかり、部下達からは協力は得られない状況
が続いています。

更には、お酒の量が増えて、昼ごろまで寝てしまい、会社やお客様
からの連絡にも出れない状態が増えました。

その事を部下から問い正されると、「自分達でなんとかしろ」と
逆切れをしてしまい、どんどん人間関係が悪化してしまいます。

誰も協力してくれないし、誰にも相談出来ないし、現状は悪くなる
一方でやる気が起こりません。だらしない性格なのか?精神的に
おかしくなっているのか?の区別もつきません。

何から手をつけたらいいのでしょうか?


◆A:「理想的なリーダーに生まれ変わって、がんばってください。」
   Dr.山本からのご返答

ちょっとキツイ言い方かもしれませんが、今のあなたはリーダー
失格と自覚した方がよいでしょう。

会社のためにも部下のためにも自分のためにもリーダー職を返上した
方がよいでしょう。このままだと、あなたもノイローゼ状態になるし、
部下もストレス状態になるし、会社の業績も低下することは、十分に
予想されます。

その前に、リーダー返上することです。あなたのプライドから、
そんなことできない、と言われるなら、心機一転発奮して、今までの
自分とは違った、責任感あるリーダーとして、先頭にたって、ノルマの
達成や営業成績の向上に全力を注いでください。

あなたの姿を見て、部下も動くかも知れませんし、上司や他部署の人も
あなたのチームを応援してくれるでしょう。

上司が「おまえもしっかりしないといけない」と言って、あなたを
リーダーにしたのであれば、あなたもその期待に応えるように、
全力で自己改革をしなくてはいけません。

できないなら、断るしかないし、それなら辞めろと言われたなら、
辞める覚悟も必要かもしれません。

「天は自ら助ける者を助ける」「ピンチはチャンス」という言葉が
あります。いいチャンスを与えられたと思って、理想的なリーダー
に生まれ変わって、お仕事がんばってください。(山本晴義)


◆Dr.山本にご質問をされたい方はこちら→ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)

 (1)業種、(2)職種、(3)役職、(4)名前、(5)年齢をご入力の上、
 メール送信をお願い致します。



--------------------------------------------------------------------
<2−1>『メンタルヘルスマネジメント検定&対策講座』のお知らせ
    ・3種セルフケアコース → http://www.iryo.co.jp/q577.html
    ・2種ラインケアコース → http://www.iryo.co.jp/q576.html
--------------------------------------------------------------------

 ■ 心の時代に注目される資格!! ■
 -------------------------------
 労働者の「心の病」が社会問題化しています。その中で2006年から
 大阪商工会議所主催で、職場のメンタルヘルスを目的とした検定試験が
 開始されました。


 ■ 関連職種の方は信頼性アップ!! ■
 --------------------------------
  ▼ 以下の様な方にお勧めです ▼
  ・職場のストレスでお悩みの方
  ・管理職・マネージャー
  ・部下・後輩を指導する方
  ・人事労務の担当者
  ・健康管理室
  (産業医・保険師・産業カウンセラー)


 ■ 資格取得まで徹底サポート 合格率95.5% ■
 ------------------------------------------
 《1》2日間の集中対策講座で資格取得
  ・出題傾向に精通した講師がポイントを押さえた解説
  ・広域な出題範囲をコンパクトに整理した特別テキストを使用
  ・試験の感覚やコツを掴むために実問題に近い練習問題

 《2》不合格時には次回講座に無料受講
   万が一不合格の場合にも、次回対策講座を無料で受講
               (検定料は別途かかります)


 ■ 3種セルフケアコースの詳細 ■
 -----------------------------
 《 組織における従業員自らのメンタルヘルス対策 》

 ★日 時/平成20年10月12日(日) 10:00〜17:00
            10月13日(月・祝)9:30〜16:30 

  ★会 場/きゅりあん(東京都品川区)

  ★参加費/通常価格 39,900円(税込)→ Web価格 37,800円(税込)
    詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q577.html


 ■ 2種ラインケアコースの詳細 ■
 -----------------------------
 《 部門内の上司としての部下のメンタルヘルス対策 》

 ★日 時/平成20年11月8日(土)10:00〜18:00
            11月9日(日) 9:30〜17:00 

  ★会 場/KFCホール(東京都墨田区)

  ★参加費/通常価格 105,000円(税込)→ Web価格 94,500円(税込)

    詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q576.html


--------------------------------------------------------------------
<2−2>『メンタルヘルスの実践に役立つスキルと知識』(10/26開催)
        詳細・申込 → http://www.iryo.co.jp/q580.html
--------------------------------------------------------------------
 ■ 役立つスキルと知識を1日に凝縮 ■
 ----------------------------------------------------
  メンタルヘルス対策は知識の習得に偏りがちですが、本当に
 必要なのは「どのように実践するか」です。
  自身の心身の健康を維持するセルフケア、上司として部下の
 メンタル対策を行うラインケア、これらに役立つ実践的な知識
 とスキルを学べます


 ■ 山本先生が熱く講演 ■
 ------------------------
  横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長の山本 晴義 先生を
 お招きします。
  日々、多くのストレス関連性疾患の勤労者の診察を行っている
 先生が職場のメンタルヘルスの実践に役立つ講演を行います。


 ■ 6つのスキルをワークにて体験 ■
 ----------------------------------------
 ・呼吸法 ・交流分析 ・認知療法 
 ・アサーション ・傾 聴 ・NLP


 ■ メンタル検定と同時申込の場合は2100円 ■
 ----------------------------------------------
 「メンタル検定&対策講座」と同時にお申込の場合は
   ★★ セット割引価格→2,100円 ★★ になります

  *「メンタル検定&対策講座」の費用は別途かかります。
     詳しくは↓
 ・2種ラインケアコース → http://www.iryo.co.jp/q576.html
・3種セルフケアコース → http://www.iryo.co.jp/q577.html


 ■ セミナーの詳細 ■
 -----------------------------
 ★日 時/平成20年10月26日(日)10:00〜16:30

  ★会 場/こともの城 研修室(東京都渋谷区)

  ★講 師/山本 晴義(横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長)
       梅本 和比己(株式会社チーム医療 代表取締役)          

  ★内 容/●講演:山本 晴義
       「働く人のメンタルヘルス、自分も家族も会社も日本も
        元気にするストレス1日決算主義の勧め」 
          
       ●各スキルのワーク:山本 晴義・梅本 和比己  
        ・呼吸法、交流分析、認知療法、アサーション、
         傾聴、NLP          

  ★参加費/12,600円(税込)
   
    詳しい内容・お申込み→ http://www.iryo.co.jp/q580.html


------------------------------------------------------------------
<3>メンタルヘルスに関する注目ニュース
------------------------------------------------------------------

◆自殺は過労が原因と提訴 妻ら公庫に1億4600万

 政府系金融機関の農林漁業金融公庫(東京)に勤務していた男性が
 38歳で自殺したのは、過重な労働でうつ病を発症したためとして、
 大阪府吹田市に住む妻(38)らが8日、約1億4600万円の損害
 賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 47NEWS(2008/8/8)
 http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080801000612.html


◆半数超が「心の病増加」 余裕ない職場ほど傾向強く

 財団法人社会経済生産性本部のアンケートに回答した上場企業のうち、
 半数以上が社員の心の病が増える傾向にあるとしていたことが12日、
 分かった。「人を育て、仕事の意味を考える余裕がない」会社ほど、
 心の病の増加を訴える傾向が強いことも確認された。

 47NEWS(2008/8/12)
 http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008081201000645.html


◆心の病、職場環境で増加傾向に差

 人を育てる余裕が無くなってきていたり、組織や職場とのつながりを
 感じにくくなりつつあったりする企業ほど、社員の「心の病」が増える
 傾向にあることが、社会経済生産性本部メンタルヘルス研究所による
 アンケート調査の結果から分かった。

 CBニュース(2008/8/15)
 http://www.cabrain.net/news/article/newsId/17674.html


============================================================================

■チーム医療が提供するメンタルヘルスに関するホームページ
http://www.mental-health-management.jp/

■チーム医療のホームページ
http://www.iryo.co.jp/
交流分析・コーチングなどコミュニケーションに役立つ情報を発信しています。

◆このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
購読の解除も、「まぐまぐ」のホームページで行って下さい。

=========================  企画・発行  ==================================
企画発行:チーム医療
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
http://www.iryo.co.jp/
発行責任 :梅本和比己・川辺晶弘 
kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)
============================================================================
【注意・免責事項】
◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
 一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007 Team Iryo Inc. All rights reserved
トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.