(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
-メンタルヘルスマネジメントに関する実践的な情報を提供するメルマガ-  

  <働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント>    

                     第0022号(2009/11/27)チーム医療 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<< 心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定2種 >>
  
 ★じっくり深く学ぶ!『 受験対策講座 』が 2010年1月23日〜24日に開催決定!
 
      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1812-091127-A1.html

★自宅で学習!『 受験対策セット 』が 販売開始!

      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-DVD25-091127-A1.html 

------------------------------------------------------------------


「Index」

<1> ストレス原因の人間関係問題を解決するカギは?

<2> メンタル検定の活用法 & 学習教材プレゼント!

<3> メンタル検定模擬問題に挑戦! 

<4> メンタルヘルスに関する注目ニュース

  *Dr.山本が答えるQ&Aはしばらくお休みします。


------------------------------------------------------------------
<1> ストレス原因の人間関係問題を解決するカギは?
------------------------------------------------------------------

 職場のストレス原因の1位は「人間関係」と調査結果が出ています。

 そして、その人間関係の問題の大半は、コミュニケーションの悪さ
 や減少から発生します。

 そのため、コニュニケーションの送り手は的確に伝え、受け手は
 それを正確な受けとる必要があります。

 これらのことに必要なコミュニケーションスキルと言語的・非言語的
 コミュニケーションについて、メンタル検定2種対策講座の講師で
 ある新井先生が動画で解説しています。
 

 職場のメンタルヘルス対策のご参考に!

 こちらから→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MOV7-091127-A.html





------------------------------------------------------------------

<2> メンタル検定の活用法 & 学習教材プレゼント!

『 メンタルヘルス検定を実際の対策に活かすために 』セミナーのお知らせ

------------------------------------------------------------------

■ 資格の取得以上の意義があるメンタル検定 ■
--------------------------------------------
 うつ病をはじめとする働く人の心の病の問題が深刻化しています。

 ストレス社会といわれる今日、職場の管理者にもメンタルヘルス
 の専門的な知識と技能が求められるようになりました。

 その1つに大阪商工会議所で行っているメンタルヘルス検定があります。

 管理職によるラインケアの必要性やコンプライアンスの問題が強調
 されるにつれて著しく注目度が高まっています。

 管理者のメンタルヘルスへの意識が変わり、職場が活性化されること
 もめずらしくありません。

 また、管理者自身のメンタルヘルス対策も進みます。

 そのため、この検定は単に資格を取得する以上の意義があります。



■ 学習教材をプレゼント & 効果的な研修をするため!■
---------------------------------------------------------
 当社は、できるだけ多くの働く人たちに、この検定試験を受けて
いただき合格して欲しいと考えております。

 そして、合格に近づくために学習教材(合格セット)をつくりました。

 本セットは、単に検定を受験するしないに関わらず、管理者が自分と
 職場のメンタルヘルス対策を学ぶのにも最適な教材になっています。

 このセミナーでは、メンタル検定の知識を実際の対策にどう活かすか? 
 をお伝えし、参加いただいた方には、学習教材(合格セット価格12,600円)
 もプレゼントいたします。

 また、社内外でメンタルヘルスの研修を行う方も増えており、
 そうした時に何が必要で、どうすれば効果的な研修ができるかといった
 悩みに対応するご相談時間も設けました。

 ぜひこの機会を活用していただきたいと思います。



 <セミナー詳細>

  セミナー名/メンタルヘルス検定を実際の対策に活かすために

  日 時/平成21年12月5日(土)10:00〜16:30

  会 場/ゆうぽうと 5Fはまゆう (東京都品川区)

  講 師/新井 典生
      犬塚 尚美
      梅本 和比己

  参加費/Web価格 15,750円(税込)
  
  *既に合格セットをお持ちの方は商品価格(12,600円)
を差し引いた3,150円とさせて頂きます。


  お申込 → http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1804-091127-A.html



------------------------------------------------------------------
<3> メンタル検定模擬問題に挑戦! 
------------------------------------------------------------------

 働く人の心の病が問題化しています。
 それに合わせてメンタルヘルス検定のニーズも上昇中!

 その検定の模擬問題です。


以下の記述で、正しいものに○、誤っているものに×をつけて下さい。


(1)コミュニケーション阻害に伴う悩みが発生するのは、「送り手」が
送りたいメッセージを「的確」に相手に発信することができないとき、
またメッセージの「受け手」が相手のメッセージを「正確」に受信する
ことができないときの2つの場合である。


(2)話を聞くスキルとしては、相手の言わんとすることを、相手の身に
なり真剣にコーチングする態度や姿勢が重要である。


答えは下にあります。




------------------------------------------------------------------
<4> メンタルヘルスに関する注目ニュース
------------------------------------------------------------------


◆うつ病患者は身体症状に関する記憶が不鮮明

  うつ病患者は実際に経験しているよりも多くの身体症状を訴える
傾向のあることが新しい研究で示され、医学誌に10月15日掲載さ
れた。

  2009年11月13日 日本経済新聞
  http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20091112hk000hk



◆うつ病患者の6割に「痛み」伴う、医師の認識とはギャップが

  うつ病患者の6割が身体の「痛み」を経験している一方、医師の
「患者の多くに『痛み』がある」との認識は3 割に留まり、
  患者と医師の認識のギャップが明らかになった。

  2009年11月19日 PJニュース.net
  http://www.pjnews.net/news/467/20091118_6



◆不満ため込む人は心臓発作リスク2倍に

 職場での不当な扱いに対する不満をため込む人は、心臓発作の発症
  リスクが2倍に高まるとの研究結果が、24日の英医学専門誌に発表
された。

  2009年11月26日 AFPBB News
  http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2667573/4958472



=====================================================================

<< 心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定2種 >>
  
 ★じっくり深く学ぶ!『 受験対策講座 』が 2010年1月23日〜24日に開催!
 
      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1812-091127-A2.html

★自宅で学習!『 受験対策セット 』が 販売開始!

      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-DVD25-091127-A2.html 

=====================================================================


<模擬問題の答え>


(1) × (誤)2つの場合である。
(正)そしてコミュニケーションの機会が得られないときを含む、
3つの場合である。

  (2) × (誤)コーチング
(正)傾聴し理解しようと


============================================================================


■チーム医療が提供するメンタルヘルスに関するホームページ
http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-091127-A.html

■チーム医療のホームページ
http://www.iryo.co.jp/
交流分析・コーチングなどコミュニケーションに役立つ情報を発信しています。

◆このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
購読の解除も、「まぐまぐ」のホームページで行って下さい。


=========================  企画・発行  ==================================

企画発行:チーム医療
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
http://www.iryo.co.jp/
発行責任 :梅本和比己・川辺晶弘 
kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)

============================================================================

【注意・免責事項】
◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
 一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007-2009 Team Iryo Inc. All rights reserved
トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.