(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
-メンタルヘルスマネジメントに関する実践的な情報を提供するメルマガ-  

  <働く人のやる気を引き出すメンタルヘルスマネジメント>    

                     第0023号(2009/12/11)チーム医療 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<< 心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定2種 >>
  
 ★じっくり深く学ぶ!『 受験対策講座 』が 2010年1月23日〜24日に開催決定!
 
      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1812-091211-A1.html

=====================================================================


「Index」

<1> 心の病の再発を防ぐには? 職場復帰支援のポイントとは?

<2> メンタル検定2種の『 受験対策講座 』の 開催が決定!

<3> メンタル検定模擬問題に挑戦! 

<4> メンタルヘルスに関する注目ニュース

  *Dr.山本が答えるQ&Aはしばらくお休みします。



------------------------------------------------------------------
<1> 心の病の再発を防ぐには? 職場復帰支援のポイントとは?
------------------------------------------------------------------

 うつ病などの心の病の多くは、再発の危険性を有しています。
 
 精神科領域では、「寛解」という言葉で表現されるように、いわるゆ
 「完治」「治癒」での復帰とはかぎりません。

  (寛解:病気の症状が一時的・継続的に軽減した状態。
  再発の危険性のある病気で使われる言葉)

 そのため、心の健康問題で休業した労働者が職場復帰する際にも、
 再発の予防や、職場適応のためにどのような配慮ができるかを十分に
 検討することが重要です。



 厚生労働省より「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」
 が発表され、5つのステップが示されています。

  ・各ステップの流れとは?

  ・そして、ステップごとのポイントとは?

  ・復職可否の判断の確認事項とは?

  ・フォローアップの際のチェックポイントは?



 これらのことに必要な職場復帰支援について、メンタル検定2種対策講座の
 講師である新井先生が動画で解説しています。
 

  職場のメンタルヘルス対策のご参考に!

  こちらから→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MOV9-091211-A.html



------------------------------------------------------------------

<2> 心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定2種
  
   ★じっくり深く学ぶ!『 受験対策講座 』の開催が決定!

------------------------------------------------------------------

 << メンタルヘルス問題を『 未然に防ぐ人 』 と 『 起こして後悔する人 』 >>


 << メンタルヘルス検定に『 合格する人 』 と 『 失敗する人 』>>
 

 その差はわずか、その違いとは?


 ■ 働く人の心の病が問題化!
  メンタルヘルスマネジメント検定のニーズが急上昇! ■
 ------------------------------------------------------
  職業生活に強いストレスを抱える人は増加し、働く人の心の病が社会
  問題化しています。

  直接的な戦力ダウンだけに限らず、周りの人の負担増加、離職社員の
  補充コスト、労災認定による損害賠償請求、社会的な信用損失などの
  大きなリスクに発展する可能性もあります。

  この様な背景の中で、メンタルヘルスマネジメント検定試験のニーズ
  が急上昇。



 ■ 心の時代に注目される将来を見据えた資格 ■
 --------------------------------------------
  この検定は、2006年に大阪商工会議所が、働く人の心の病のケア
  を目的に開始されました。

  メンタルヘルスに必要な、精神医学、臨床心理学、産業・組織心理学、
  組織論、労働法学、コミュニケーションなどの知識・技術・態度を網羅。

  それらを体系的に習得できることが特徴です。
 
2種はラインケアコースは、部門内、上司としての部下のメンタルヘルス
  対策の推進を目的としたものです。


  < 職場のストレスに関わる方におすすめです >      
    ・管理職、マネージャー、経営者
    ・産業保健スタッフの方(産業医・保健師)
    ・カウンセラー、相談員
    ・人事労務担当者
    ・メンタルヘルス関連の教育研修講師
    ・上記の職種を目指す方


  < こんな思いをお持ちの方にもおすすめです >
    ・将来性、信頼性のある資格を短期間で確実に取得したい
    ・関連職として信頼性をアップしたい
    ・自分も周りもストレスを軽減させ,心身を充実させたい
    ・メンタルヘルス問題に適切な対策、防止をしたい
    ・社員の流出を防ぎ、モチベーションをアップさせたい



 ■ 合格への近道! 合格率96.9%のノウハウでサポート ■
 ---------------------------------------------------------
  チーム医療は、2006年度の検定開始時から、取次店としてメンタル
  ヘルス検定の対策講座と検定試験を主催してきました。

  2年間の実績として、受講者の合格率は96.9%、満足度は89.3%
  を記録。

  そのノウハウを活かしたサービスで、平成22年3月に行われる
  メンタルヘルス検定2種の公開試験に対して徹底サポート致します。



 ■ 「受験対策講座」の詳細 ■
 -----------------------------
  過去に対策講座を行った経験上から、幅広い分野を網羅するメンタルヘルス
  検定U種の範囲を深く理解できる様に解説し、実際に練習問題を行うには
  最低でも2日間が必要です。

  (1)各章ごとに解説 → (2)章のまとめ → (3)練習問題 → (4)答えあわせと解説
  の流れで行い整理して理解したうえで、次の章に移ります。

  そして、2日目の夕方に全分野も網羅する形で、本番に近い模擬試験も実施。

  また、実際の講座の特徴として、新井先生が経験した事例をお伝えしたり、
  受講者からの質疑応答にもその場で対応いたします。

 
     詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1812-091211-A2.html


 

------------------------------------------------------------------
<3> メンタル検定模擬問題に挑戦! 
------------------------------------------------------------------

 働く人の心の病が問題化しています。
 それに合わせてメンタルヘルス検定のニーズも上昇中!

 その検定の模擬問題です。


以下の記述で、正しいものに○、誤っているものに×をつけて下さい。


  (1)「職場復帰支援の手引き」の職場復帰支援の流れによれば、
   職場復帰した後も、「疾患の再燃・再発、新しい問題の発生等の
有無の確認」「勤務状況及び業務遂行能力の評価」など、
 職場復帰後のフォローアップが必要とされている。



(2)主治医による職場復帰の判断は、主に症状の評価を中心に行われ、
   業務遂行能力や職場環境への適応能力についても十分に考慮されている。




答えは下にあります。




------------------------------------------------------------------
<4> メンタルヘルスに関する注目ニュース
------------------------------------------------------------------


◆職場での怒りをため込むと心臓発作リスクが倍増

  職場での不当な扱いに対して怒りをためてしまう男性は、怒りを
発散している男性に比べ、心臓発作や心疾患による死亡リスクが
2倍以上であることが新しい研究で示され、医学誌(疫学・コミュ
ニティーヘルス)オンライン版に11月24日掲載された。
 
 2009年12月4日 日本経済新聞
  http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20091203hk000hk



◆メンタルヘルスにサイト「こころの耳」利用を

  働く人の心の病が深刻化している。12月1日は自殺予防の一環として
設けられた、心の健康に関する知識、理解を広める「いのちの日」だが、
自殺者総数が3万人を超える中、労働者の自殺者数も9千人前後と高い
水準で推移している。

  2009年12月4日 神奈川新聞
  http://news.kanaloco.jp/localnews/article/0912040013/



◆ストレスを感じると出る体の症状、「不眠」が3割 - 消化器系が上位占める

 毎日コミュニケーションズは3日、20〜30代の社会人男性を対象に健康に
関する意識調査を発表した。同調査は11月13日〜24日、「COBS ONLINE」
の男性会員に向けて行われたもので、500件の有効回答件数を得た。

  2009年12月4日 マイコミジャーナル
  http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/04/080/?rt=na




=====================================================================

<< 心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定2種 >>
  
 ★じっくり深く学ぶ!『 受験対策講座 』が 2010年1月23日〜24日に開催!
 
      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1812-091211-A3.html

★自宅で学習!『 受験対策セット 』が 販売開始!

      詳細→ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-DVD25-091211-A.html 

=====================================================================


<模擬問題の答え>


(1) ○


  (2) × (誤)十分に考慮されている。
      (正)十分に考慮されていないことが少なくない。



============================================================================


■チーム医療が提供するメンタルヘルスに関するホームページ
http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-091211-A.html

■チーム医療のホームページ
http://www.iryo.co.jp/
交流分析・コーチングなどコミュニケーションに役立つ情報を発信しています。

◆このメールマガジンは、
インターネットの本屋さん「まぐまぐ」
http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
購読の解除も、「まぐまぐ」のホームページで行って下さい。


=========================  企画・発行  ==================================

企画発行:チーム医療
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
http://www.iryo.co.jp/
発行責任 :梅本和比己・川辺晶弘 
kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)

============================================================================

【注意・免責事項】
◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
 一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007-2009 Team Iryo Inc. All rights reserved
トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.