(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    - 毎日をやる気をもって元気に暮らすためのメンタルへルス情報を紹介-  

          << 元気にイキイキと暮らすメンタルヘルス法! >>

                               第0029号(2010/4/30)チーム医療
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



 ■■ 鼻づまりのダルさが、草原を散歩しているような爽快さに! ■■ 

                   < 後 編 >        


-----------------------------------------------------------------------  

  ★はじめての方へ・運営者プロフィール
   ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-100430-A1.html

-----------------------------------------------------------------------

  ◆心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定とは?

  「合格への5つの秘訣」無料小冊子プレゼント! 

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-100430-A1.html


  ◆自分の「心のくせ」を知る! ストレス軽減法!

  「ストレス対処実践法 -認知療法によるアプローチ」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-B6056-100430-A1.html

=======================================================================


 本日もご開封、ありがとうございます。

 お世話になります。チーム医療の川辺です。    



 先日、長男が言った言葉に驚かされました。



 我が家のルール、長男の仕事として、居間のカーテンの開け閉めをする
 ことがその1つとなっています。


 ある夜。


 カーテンが閉まっていませんでした。


 「カーテン閉めておいて」と私は長男に言いました。



 そして、長男は言いました。「俺さ〜 」・・・。


                       続きは編集後記で・・・

-----------------------------------------------------------------------




  ところで、あなたは、

      
  鼻づまりにお困りになった経験はありますか?


  毎日を、爽快な気分で過ごせていますか?


  仕事や勉強を集中して行なえていますか?





  今回は私が最近クセになっていること。


  毎日2回、自然としたくなる「ちょっと楽しみ」なこと。


  そんなことを前編と後編に別けてご紹介します。


  今回はその後編。  







 ■ ある凄いものが届いた・・・
 -----------------------------


 それは2ヶ月ほど前。


 ある凄いもの知ることになったのです。

 
 花粉症や風邪の予防法として注目されているとのこと。




 早速、ネットで検索してみました。


 利用者などのコメントやブログでは以下の様な絶賛の声ばかり。


  「効果は素晴らしいです」


  「鼻と額のあたりがたちまちすっきり」


  「絶大なる効果を実感しましたよ」



 私は「本当かよ?」と思いつつも、


 「ここまで皆が言うなら・・・」とりあえずネットで購入。



 そのあるものは、ちょっと忘れかけた数日後に届きました。


 そして、試してみることに・・・。






 ■ ネティポットって?
 ----------------------

 前回のメルマガは、鼻呼吸のメリットと鼻づまりの弊害に
 ついての内容でした。

 
 呼吸器官がスムーズに機能する状態を保つこと。


 そのためのノドや口内を綺麗に保つ手軽な方法はあるが、鼻が問題。


 そんな鼻内を綺麗に保つ「あるもの」があると、ご紹介しました。


  前回のメルマガ
  http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-BK0028-100430-A1.html






 それは、ネティポットというグッズ。





 インドで古くから鼻うがいをするときに使われる水差。


 ヨガ体操者の必需アイテム。



  こんなもの↓








 ■ やってみた! そして、その効果のほどは?
 ------------------------------------------

 早速、ネットでやり方を調べましたが、文字で説明されることは
 なんだかピンときません。





 で、やってみました。





 まず、ぬるま湯を用意し塩を入れる。



 ネティポットの注ぎ口を鼻の中にいれて、流し込みました。



 そして、鼻の穴から、水が落ちてきました。



 「反対側の鼻から出ているのかな?」


 「なんか、ただ逆流しているだけのような・・・」


 「こんなんでいいのか?」



 そんなことを思いながら、首の角度を変えて色々試してみました。




 すると



 なんか、鼻の奥にスーと水が入っていく感じがしました。



 しかし、その感覚はプールで鼻に水が入ったような苦しさ。




 目は涙目になって、1人で悶えてしまいました。



「なんだよ、やめときゃよかった」とちょっと後悔。





 ところが、ヒラメキました。

 「あ、鏡を見ながらやったらいいじゃない!」



 そして、洗面所に移動。



 それでも、反対側の鼻から出てこない。




 更に、ヒラメキました。

 「そうだ、鏡の角度を変えてみよう!」




 家の洗面鏡は、パカっと開いて中に物が入るタイプ。

 鼻の穴が見えるように調整。

 鏡を見ながら首の角度も調整。




 その時です。




 スーと鼻の奥に入っていく感覚が!




 そして、




 「やった〜!」

 反対側の鼻の穴から、水がチョロチョロと出てくるではありませんか!




 この調子で、反対側の鼻の穴からも挑戦。

 こちらも、うまくできました。



 顔がビショビショに濡れたためタオルで拭き。


 鼻もティッシュで拭きました。




 直後は、ちょっと鼻づまり感があり「こんな、もんか・・・」と思いつつ。




 しばらくすると、鼻がスースーと快適に。




 「なんだ、こりゃ!」



 まるで、尾瀬や上高地で、早朝の草原を散歩している感じです。



 早朝の朝モヤが晴れて、ちょっとしっとり感があり、
 かつ爽やかな空気を吸っている心地よさ。


 上高地は行ったことありませんが、きっとこんな気分でしょう。




 それからというもの、朝起きた後、帰宅した後など1日2回行っています。


 鼻うがいをした後、口うがいをすると、なにかトローンとしたものが
 出てきます。

 「お、なんだか効いているな〜」という気分に。


 私は口うがいや手洗いなど、普段の生活で意識して習慣化している
 ものがあります。



 しかし、今回のこれに限っては、自然とそうしたくなってしまうのです。



 極端に言うと「なんだか楽しみ」





 ちなみに、ネティポットを妻に見せ「これ何だと思う?」と聞きました。


 すると「お茶でも入れるの?」と返答。


 「飲んでみたら美味しいと思うよ!」と答えておきました。







 ■ なぜ、ネティポットと鼻うがいが良いのか?
 --------------------------------------------

 では、前回のメルマガで書いた山岡君に教わった鼻うがいと
 何が違ったのでしょうか?

 
 こんな違いだと思います。



  ・鼻の力で無理やりズーと吸い込むのでなく、直接鼻の奥に
   スムーズに水が入る


  ・かといって、水圧が変らないため水が急に鼻に入らない


  ・体内濃度に近い食塩水を使用することで、鼻粘膜を痛めない
   (塩を入れないと、涙がポロポロでます)


  ・体温に近いぬるま湯を使うため、痛くならない


  ・無理やり吐き出すのでなく、引力よって自然と流れ落ちる





 ちなみに、鼻うがいをすることでのメリット↓


  ・鼻水、花粉、ウィルス、雑菌などを取り除く


  ・鼻づまり、風邪、病気などの予防や免疫力アップ。


  ・花粉症、アレルギー性鼻炎の予防




 つまり、健やかな日常をおくることができます。



 とにかく、スースーし、爽快!


 集中力も高まり、仕事や勉強も効率アップです。


 口うがいと鼻うがいの習慣で、毎日スッキリ過ごせます!




 このネティポットを使った鼻うがいは、インドでは歯を磨くのと
 同じようなことらしいです。


 さすがインドの健康法。


 安全なのに奥深いですね。






 ■ ネティポッの使い方と注意すること
 --------------------------------------

 ついでにやり方も


  1、ネティポットに、人肌より少しぬるいお湯を入れる。

  2、そこに塩を入れて、食塩水をつくる。

  3、台所、洗面所、お風呂など濡れて大丈夫なところに移動。
    (初めての方は鏡を見ながらのほうがやりやすいと思います)

  4、上半身を少し前に傾け、顔は横にかたむける。

  5、口は少しあけて、口で呼吸。

  6、ネティポットの先を上になっている方の鼻の穴に入れる。

  7、食塩水を流し込む。

  8、首の角度などを調整。

  9、上鼻道から通ってきた食塩水が下鼻道に流れて出てくる。

  10、片方の鼻の穴が終わったら、反対側も同様に行う。





 ちなみに傍から見るとまぬけな顔をしています。




 人前では見せないようにした方がいいかもしれません。



  こんな感じ↓




 恋人や新婚の配偶者に見られたら、百年の恋も冷めてしまうでしょう。



 もう、そんなものとっくに無くなったというご夫婦では、笑いがとれて
 円満になるかもしれなせん。







 ■ 今回のおさらい ■
 --------------------

  ●ネティポットという鼻うがいをするアイテムがある。


  ●ネティポットは、鼻うがいする辛さを解消してくれる。


  ●鼻うがいをすることで、健やかで爽快な日常をおくれる。


  ●鼻うがいをしている姿は見せないほうがよい。







============================================================================


 ◆心の時代に注目される資格! メンタルヘルス検定とは?

 「合格への5つの秘訣」無料小冊子プレゼント! 

 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-100430-A2.html


 ◆自分の「心のくせ」を知る! ストレス軽減法!

  「ストレス対処実践法 -認知療法によるアプローチ」

 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-B6056-100430-A2.html



===========================【 編 集 後 記 】================================


 続き・・・


 そして、長男は言いました。



 「俺さ〜 1人暮らししたいんだよね〜」




 そのとき「自分の部屋が欲しくなったのだな」と私は解釈しました。


 長男は今年の4月で小学生。

 やっと慣れてきたころでしょう。


 きっと、友達もできて、その友達が自分の部屋を持っている。

 「お前、自分の部屋ないのかよ?」とか言われている。

 うらやましくて、悔しい。

 だから、自分も欲しくなった。


 まさに、小学生らしさの発言だと。

 そんな風に思いました。
 



 とりあえず「どういうこと?」と聞き返しました。


 すると「俺さ〜 あんまり人から色々言われたくないんだよね〜」と長男。


 「何を?」と更に聞き返す。


 「カーテン閉めてとか、学校行けとか、給食たべろとか・・・」


 「嫌なんだ」と私は細かく注意することをちょっと反省。





 そして、ここからは、想定の範囲外の発言を連発することに。




 「うん。だから、俺は誰からも何も言われないように、1人で暮らすんだ〜」


 「自分の部屋が欲しいんじゃなくて、1人で暮らしたいの?」
 と私はちょっと驚いた。


 「うん」と。


 私は意味がわからず「え? で、どうするの?」



 「ずっと家でDSするんだ!」と誇らしげな長男。



 DSとは携帯型ゲーム機。

 年上の従兄弟たちが持っていたものを遊ばせてもらい、その虜に。

 そして、最近は同級生の友達も持っているとのこと。



 さらに意味がわからず「は? 学校はどうするの?」


 「行かないよ!」と。


 「ていうか、DSなんか持ってないじゃん」
 とつっこみを入れてみると。


 「何人かの友達からお金もらって、それで買うんだ!」


 「どうやってもらうの?」
 と更につっこむと。


 なんと


 「いいからくれ! と言うの」と長男。

 

 「それって、恐喝では?」と内心思ったが口には出さなかった。


 想像を上回る発言で、何て言っていいかわからないのが半分。

 次に何を言い出すのか?という面白さが沸いてきたのが半分。
 


 「じゃーご飯はどうするの?」と私は追撃を入れる。


 驚いたことに 
 「スーパーに行って取ってくる!」と言い返す。


 「勝手にもってきちゃうの?」と驚く私。


 「うん!」とヘッチャラな長男。
 

 「それって、万引き? 窃盗?」と思ったが、説明するのも面倒くさい。



 
 「家賃どうするのか? 光熱費はどうするのか?」

 「先生や友達のご両親に注意されたら? 万引きにつかまって警察に捕まったら?」

 次から次へと疑問が浮かびました。
 


 ただ「聞いてみたとことで、あーだ、こーだと言い返すだろう」

 そして「これ以上、聞くのもなんだか怖い」

 そんなふうに思った私。



 とりあえず「そうなんだ」で会話は終了。



 なんだか呆れてしまうやら、何かを注意すべきやら?

 自立心が芽生えたと捉えていいのか?

 なんだか、まとまりがつかなくなりました。



 あなただったら、何て言いますか?

 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




 ■はじめての方へ・運営者プロフィール
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-100430-A2.html


 ■メールでの応援・激励・感想・意見はこちら 
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)



===========================【 企画・発行 】==================================

 ◆企画発行:株式会社チーム医療
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
  http://www.iryo.co.jp/

 ◆発行責任:梅本和比己・川辺晶弘 
  kawabe☆iryo.co.jp
  (送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


=========================【 注意・免責事項 】================================

 ◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
  一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆有益と思われるものをご紹介しておりますが、このメルマガに記載されている
  サービス・商品をご利用になられて発生したトラブル、不利益、損害に関しま
  して、当方では、一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

 ◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。
   Copyright (C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved
=============================================================================
トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.