(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
   - 毎日をやる気をもって元気に暮らすためのメンタルへルス情報を紹介-  

         << 元気にイキイキと暮らすメンタルヘルス法! >>

                            第0040号(2010/7/21)チーム医療
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

     

     ■■ 時間、お金、道具いらずのリラックス法とは? ■■ 

                      < 前 編 >        


-------------------------------------------------------------------

  ★はじめての方へ・運営者プロフィール
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-100721-A1.html

-------------------------------------------------------------------

  ◆確実に合格したい方へ、この機会を見逃すと次はないかも・・・

  「メンタルヘルス検定2種−合格への対策講座−」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1840-100721-A1.html


  ◆時間、お金、道具いらずのリラックス法! 3,000円セミナー!

   「いつでも、どこでも、リラックス! 自律訓練法 」 

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1839-100721-A1.html


===================================================================


 本日もご開封、ありがとうございます。

 お世話になります。チーム医療の川辺です。 


 数ヶ月前、長男プラ太の希望で、東武ワールドスクウェアに行くことに。

 前回では、その経緯をご紹介。
 
 
 しかし、その希望は、そう簡単には実現できませんでした。

 何度も、プラ太がガックリと落ち込むことが起きてしまうのです。


                       続きは編集後記で・・・
 
--------------------------------------------------------------------
 


 最近、ストレスや疲れが溜まっていませんか?


 でも、忙しい中で、ストレス解消のために時間やお金などを
 確保することは難しくありませんか?



 今回は、1回5分で、お金もかからず、道具も不要で、1人で行える
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 手軽なリラクセーション法をご紹介します。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~






 ガラガラ。


 部屋のドアが開いた音がしました。



 「おはよう!」


 シーーーーン。(静寂のこと)


 「なんで、下向いて動かないの?」


 長男のプラ太がそう言って、隣の部屋から起きてきました。


 シーーーーン。(更に静寂が続く)



 「ねー とーちゃんてば!」とプラ太はしつこい。



 「仕方ないか・・・」と観念した私。


 「あーおはよう! まーちょっとね」


 私はプラ太にそう答えました。



 これはある朝のこと。

 私は1人、早朝に起きて、あることをしていた最中でした。






 ■ 意識せずとも、私たちの生命を維持してくれている?!
 ---------------------------------------------------


 私たちは、意識して心臓を動かしていません。


 意識せずとも、寝ていても、身体に必要な働きを続けてくれています。

 心臓機能に限らず、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌、
 生殖、および代謝のような不随意な機能も同様です。 


 これらの生命維持機能は、私たちの意識とは別に自律神経系が制御
 してくれています。


 そして、その自律神経系には、交感神経系と副交感神経系が存在。



 交感神経系は、強いストレッサーや不安を感じる際には優位に働きます。

 
 体の反応としては、

 瞳孔が開く、気管支が太くなる、心拍が増加、抹消の血管が収縮、
 排尿が止まるなど。


 これは、人間が生命体として、天敵(外敵)などに出会ったとき、
 身を守るために闘うのか?、それとも逃げるのか?、どちらかの行動を
 とることが必要だからです。


 これは、闘争-逃走反応と呼ばれ、生体防御のために起きる自然な反応。


 そのどちらにせよ、生体が活動するために最適な状態を整えるということ
 になります。



 具体的に言うと
 

 ・危険な事態に警戒するため → 覚醒水準が高まり瞳孔が開く

 ・酸素を取り入れるため → 気管支が太くなって呼吸が速くなる

 ・栄養と酸素を全身に多量に送るため → 心拍が速くなる

 ・闘って傷を負った場合の出血を防ぐため → 抹消の血管が収縮し、
                         手足が冷たくなる
 
 ・消化器系の活動が不要なため → 尿の産生や生殖器の活動も抑制

 

 今の時代であれば、人が危機で有害な事態に出会った場合や、
 過多なプレッシャーやストレスがある場合などで、緊張している
 心身状態と言えるでしょう。
 

 


 そして、副交感神経系は、睡眠や休息、リラックス時、食後などの際に
 優位に働きます。


 体の反応としては、

 
 瞳孔が小さくなる、気管支が細くなる、心拍がゆっくりする、消化活動が促進、
 排尿がでるなど。


 この交感神経系と副交感神経系がバランス良く働くことで、私たちの
 生命維持機能を適正に保つことができるのです。






 ■ なぜ、リラックスが必要なのか?
 ----------------------------------


 しかし、現代社会はストレスが多い。


 そのため、交感神経系ばかりが働き、自律神経系のバランスが崩れ 
 エネルギーが低下。

 そして、ストレス反応が起きてしまうのです。



 ・身体面の反応として

  疲労、食欲不振、不眠、頭重、便秘、下痢、胃痛、動悸など。



 ・心理面の反応として

  不安、緊張、怒り、混乱、興奮、落胆、短気、抑うつ、無気力など。




 更には、これらの異変は様々な心身への異常、疾患を引き起こします。


 胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、気管支喘息、自律神経失調症、
 気分変調症、うつ病など。


 そのため、リラックス時に働く副交感神経系を優位にして、
 自律神経系のバランスを保つことが必要になってくるのです。






 ■ リラックス・・・ でも忙しい・・・
 ----------------------------------


 では、どのようなリラックス法があるでしょうか?


 人それぞれ、自分にあったものがあると思います。


 基本的なものとしては睡眠・休息。


 また、お風呂、サウナ、静かな音楽を聴く、テレビを観ながら
 くつろぐなど、普段の生活に含まれる活動も。


 また、瞑想、座禅、筋弛緩法、マッサージ、アロマテラピーなどの
 リラクセーションもそうです。


 以前のメルマガで紹介した呼吸法などもあります。



 しかし、忙しい日々の中で、ゆっくりと上記のようなことをするための
 時間・お金・場所を確保することが難しいこともあるでしょう。


 そんなときのために、1回5分で、お金もかからず、道具も不要で、
 1人で行える手軽なリラクセーション法があるのです。


 慣れてくれば、自宅、仕事の合間、電車の移動中などの日常生活の多様な
 場面で用いることも出来ます。






 ■ 時間、お金、道具いらずのセルフコントロール法とは?
 ------------------------------------------------------

 このやり方では、自己暗示の練習によって、不安や緊張を軽減させ、
 筋肉を弛緩させ自律神経系の働きのバランスを整えます。  


 それは、自律訓練法というもの。


 1932年にドイツの精神科医のシュルツ教授によって体系化されました。
 

 心療内科や精神科などの医療現場でも使われている治療技法でもあり、
 心身の緊張を解くリラクセーション法として使われています。


 深くリラックスすることで、脳がアルファ波や覚醒シータ波で満たされる
 ことにも。



 << 身体的効果として >>

  ・疲労が回復

  ・眠りが良くなる

  ・血圧、脳波、皮膚温、呼吸数、胃腸などの機能が好転

  ・体の免疫力を高め、病気を予防



 << 精神的効果として >>

  ・ストレス解消

  ・イライラが解消し、落ち着く

  ・不安の軽減し、穏やかになる



 << その他の効果として >>

  ・脳が活性化

  ・集中力・判断力の向上

  ・からだの変化に気づきやすくなる
   (受動的注意集中ができるようになる)
 

   などなど。


 
<< 受動的注意集中とは? >>     

  能動的でなく受身的に「さりげなく、ぼんやりと対象に注意を向ける」こと。

  自然に湧いてくる雑念や外界からの雑音を、そのまま味わい、ながめ、
 受け入れていくような状態。

  この感覚を習得することで、ありのままの自分を受け入れることができ、
  からだの変化に気づきやすくなります。






 自律訓練法には、背景公式、第1公式〜第6公式までがある。

 
 しかし、リラクセーション法としては、第1公式と第2公式だけで
 十分といわれています。


 冒頭の文章は、私がこの第2公式を行っていた最中のことでした。





 では、実際にどのようなものか?


 次回メルマガで、具体的なやり方をご紹介したいと思います。






 ■ 今回のおさらい ■
 --------------------

  ◎ 人間の生命維持機能は、私たちの意識とは別に自律神経系が
    制御してくれている


  ◎ その自律神経系には、交感神経系と副交感神経系が存在


  ◎ 交感神経系は、強いストレッサーや不安を感じる際には優位に働く


  ◎ 副交感神経系は、睡眠や休息、リラックス時、食後などの際に優位に働く

 
  ◎ この交感神経系と副交感神経系がバランス良く働くことで、
    私たちの生命維持機能を適正に保つことができる


  ◎ しかし、現代社会はストレスが多く、交感神経系ばかりが働いてしまう。


  ◎ そして、自律神経系のバランスが崩れエネルギーが低下。
    そして、ストレス反応が起きてしまう


  ◎ そのため、リラックス時に働く副交感神経系を優位にして、
    自律神経系のバランスを保つことが必要


  ◎ 数分で、お金もかからず、道具も不要で、1人で行える手軽な
    リラクセーション法がある


  ◎ それは、自律訓練法というもので色々な効果がある





 【 次 回 】

 リラクセーション法として、自律訓練法の第1公式と第2公式の
 具体的なやり方をご紹介します。




=======================================================================


  ◆確実に合格したい方へ、この機会を見逃すと次はないかも・・・

  「メンタルヘルス検定2種−合格への対策講座−」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1840-100721-A2.html



  ◆時間、お金、道具いらずのリラックス法! 3,000円セミナー!

   「いつでも、どこでも、リラックス! 自律訓練法 」 

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1839-100721-A2.html

 

=========================【 編 集 後 記 】=============================


 続き・・・



 「あー 大丈夫かな〜 ダメかな〜」


 ここ数ヶ月、プラ太はBSデジタルの「ウエザーニュース」で天気予報の
 チェックを日課にしていました。




 プラ太は、電車と高層ビル・タワーが大好き。

 特急のスペーシアに乗れ、東京スカイツリーも見られる。


 2つの希望が叶うワールドスクウェアに行く日の天気を気にしていました。




 東武ワールドスクウェアとは・・・

 世界の遺跡・建物をミニチュアで再現したテーマパーク。

 最近、東京スカイツリーも完成したばかり。(実物はまだ建設中)

 栃木県日光市鬼怒川温泉にあり、東京からは東武線の特急スペーシアで約2時間。


 こんなところです↓ 






 また、予定日の数日前からパンフレットを見ていました。


 そして「とうちゃんはさ〜 どこゾーンが楽しみ?」と聞いてくる。


 「何それ?」と私。


 すると、プラ太はこう言いました。

 「ワールドスクウェアには、エジプトとかヨーロッパとか色々なゾーンが
 
  あるんだよ。それでね。どの順番で見るかを考えているの。

  学校の授業のときから考えていたんだ〜」



 そんなワールドスクウェアへの旅を、プラ太は非常に楽しみにしていました。




 ところがです。





 現地の天気予報が雨のため中止。


 「あー 行きたかったよ〜。何で雨なんか振るんだよ〜」と怒る。


 それからというもの。

 毎日、BSデジタルの天気予報「ウエザーニュース」で現地の天気をチェック。







 そして、2回目。


 これまた、天気予報が雨のため中止。

 次の日もダメ。


 「なんで雨ばっかりなんだよ〜」とふて腐れるプラ太。




 ところがです。

 面白いことに、他の用事がある週末には天気が良い。





 そして、いよいよ3度目の正直。


 前日の天気予報は小雨。

 別の天気予報では曇。

 微妙な天気です。


 なんとか大丈夫かもしれないという状態だったため、
 行くための準備を一応した。


 何度か天気予報を見て、ギリギリまで検討。



 そんなときです。



 外を見るとパラパラと雨が降ってきました。

 これが意外に強い。


 私は「これじゃー 無理だよ」と言いました。


 しかし「雨でも行く!」とプラ太。



 「雨だったら大変だし、つまらないだろ。プリ子いるだし」

 私はそう説得しました。


 「う〜」とうな垂れるプラ太。







 そして、4回目。


 2日前の予報では曇。

 「これはいけるかも」とちょっと期待をしていました。



 ところがです。



 前日の朝。


 プラ太は「俺さ〜 足が痛いんだよ〜 ほら歩けないんだ」とケンケンをしている。


 そして「だから〜 学校のプール休みたいんだ」と言う。


 「プールをサボりたいんだろ」と私。


 「違うよ、本当に足が痛いんだよ!」

 プラ太は必死に訴えかけます。


 私が「そんなに痛かったら、明日のワールドスクウェアも行けないな」と言うと。



 プラ太はこう言いました。


 「それは大丈夫、明日になったら治るから!」



 「そんなのダメだ! プールを休むんだったら明日は行かない!」

 私はそう怒ってしまいました。



 プラ太は「う〜」と少し考えてから、
 「わかったよ、ワールドスクウェアは次の週にするよ」と。


 よっぽどプールがイヤだったみたいで、次週にもちこし。





 そして、いよいよ5回目。


 これまた、現地の電気予報は微妙。

 他の天気予報も、ものによってバラバラの予報。


 「もし、明日の朝、天気予報が雨でなく、電車の空席があったら行こう」

 「行けるかどうかはわからないからな!」と前日の夜。



 そして、次の日の早朝。


 天気予報は、日中は曇りや晴れの予報が多い。

 気になるのは、夕方に雨が降る可能性が高いこと。


 「帰る頃の夕方だったら、電車の中で大丈夫かな〜」と天気は解決。

 「やった〜」とプラ太。


 
 残りの懸念は、電車の空き具合。

 
 しかし、インターネットの空席案内は6時30分から。


 乗る電車はJR池袋駅発で7時37分。

 それ以降は、1時間30分後、現地での活動時間が短すぎてしまう。


 そのため、空席案内を見て、行くことになったら直ぐに準備を整えて、
 出かける必要がある。



 「あ! とーちゃん 6時30分になったよ!」とプラ太が知らせる。



 条件などを選択し、駅名を入力して検索。



 そして、出てきた結果は、△マークの残席わずか!



 「池袋に着くまでに席が無くなるかもしれない。あるいは"みどりの窓口"が
 
  混んでいて電車に間に合わないかもしれない。ダメだったら、

  そのまま家に帰ってくるぞ。それでもいいか?」


 私はプラ太を期待させてガッカリさせないようにそう言いました。


 プラ太は「うん!」と。




 しかしです。


 実は、長女のプリ子はまだ寝ている。


 
 このあと。



 プリ子がスムーズに起きてくれるか?


 早急に準備を整え、急いで池袋駅に行けるのか?


 みどりの窓口が混んでいないか?


 電車の空席は残っているのか?


 これらの事をクリアーし、7時37分のスペーシアに乗れるのか?


 そして、現地の天気は大丈夫か?





 そんな心配をよそに、急いで出かける準備を始めました。


 はたして、5回目にしてワールドスクウェアに行けるのか?



 次回、ご紹介したいと思います。




 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




 ■クリックお願いします!
-------------------------

 今回(2010/7/21)のメルマガは

  ★★★★★:すごく良かった 
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0032949A18f6e

  ★★★★☆:まーまー良かった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0032949A28900

  ★★★☆☆:普通
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0032949A3211b

  ★★☆☆☆:あまり良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0032949A4b2cd

  ★☆☆☆☆:良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0032949A5b47a

  ○コメントボード
  ┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0032949P00Cc0a0



 ■メールでの応援・激励・感想・意見はこちら 
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


 ■はじめての方へ・運営者プロフィール
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-100721-A2.html


=======================================================================

 ★ メル川 随時募集中!
 -------------------------
  
 あなたの思いを伝えたい方へ。
 
 それが、どこかの誰かの心を癒すことになるのです!

 サラリーマンをはじめ、OL、主婦など、どなたでもご参加が可能。

 随時、あなたからの作品をお待ちしております。


 詳細・過去の優秀作品はこちら
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-sen-100721-A1.html

 応募はこちら
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)



 ★メンタルヘルス問題を「未然に防ぐ人」と「起こして後悔する人」

  メンタルヘルス検定に「合格する人」と「失敗する人」

  その差はわずか、その違いとは? 
 
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-100721-A1.html



=========================【 企画・発行 】==============================

 ◆企画発行:株式会社チーム医療
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
  http://www.iryo.co.jp/

 ◆発行責任:梅本和比己・川辺晶弘 
  kawabe☆iryo.co.jp
  (送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


=======================【 注意・免責事項 】============================

 ◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
  一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆有益と思われるものをご紹介しておりますが、このメルマガに記載されている
  サービス・商品をご利用になられて発生したトラブル、不利益、損害に関しま
  して、当方では、一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

 ◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。

   Copyright (C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved
=======================================================================


トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.