(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
   - 毎日をやる気をもって元気に暮らすためのメンタルへルス情報を紹介-  

        << 元気にイキイキと暮らすメンタルヘルス法! >>

                              第0058号(2010/12/1)チーム医療
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  

        ■■ やってみた! そして思った育児・家事 ■■ 
 
                    【 第7回 】 
    
-------------------------------------------------------------------

  ◆ あなたはどっち?「ストレス借金」vs「リラックス貯金」

   「1日10分 リラックス貯金術」&「やっかいごと解決法」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1881-A1.html


  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1888-A1.html


-------------------------------------------------------------------

  ★はじめての方へ・運営者プロフィール
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A1.html

===================================================================


 本日もご開封、ありがとうございます。

 お世話になります。チーム医療の川辺です。 


 長男のプラ太が産れてから、ちょっと気になることがありました。

 「まさかね〜」と思いつつも真剣に考えるとちょっと怖いこと。


 しかし、先日「そんなこともあったな〜」と心境が変ったことに
 気づきました。

                     続きは編集後記で・・・


------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」

 Q: メンタルヘルス対策を考えるうえで、すべての人・だれしもが

   メンタルヘルス不調になる可能性があるということを前提に

   立つことが必要である。 ○か×か?


   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON12-A1.html


---------------------------【 本 編 】---------------------------


 「やめてよ〜。ベトベトする〜」


 私が長女のプリ子にチューをすると、そう言われる時があります。

 (喜んでくれるときもあります)


 しかし、私はそんなの気にしません。

 だって、今しかできないのですから。



 
 実はここ数年、妻が心身の不調のため、数ヶ月を要するような
 入院を繰り返しています。 
 
 そして、それは今も続いている。


 そんなこともあり、育児・家事の多くは私がやる。
 
 というより、ほとんど私。


 僭越ながらお父さんとして育児・家事を本格的にやってみての思いを、

 「やってみた! そして思った育児・家事」

 と称して、数回にまたいでご紹介しています。


 前回は「お父さんが育児をするメリットは?」についてでした。


 <その1> 子ども心が蘇り、気持ちも若くなる

 <その2> 親自身が活かされる


 思うところの幾つかをご紹介しました。


 詳しくはこちら↓
 http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-BK0057-A1.html



 そして、今回もその続きで、幾つかをご紹介したいと思います。






 ■ <その3> 人としての幅が広がる
 -----------------------------------
 
 赤ん坊や小さい子は、本能と感情のみで動いています。

 当然、そこには親側の都合や理屈は通りません。


 つまり、相手を変えようとすることに、あまり効果がないということ。

 状況を変えるには、自分のあり方を変えるしかありません。


 さっきまで「あれがいい〜」と言っていたのに、「やっぱ、こっちがいい」
 とコロコロと変ります。

 そういったことにも、柔軟に対応していく必要がある。



 また、急な出来事や想定外の事も沢山起きる。

 快速の電車に乗った途端に、ウンチがしたいと言い出したり、
 プール遊びに来たのに、転んで血まみれになったりします。 
 

 これは○○で、あれは△△で、次は□□と思っていても、瞬間的に
 それがパーになってしまうのです。

 常に、どんなことが起きても対応できるような幅が養えます。

 

 更には、「あそこに遊びに行きたい!」「あれを食べたい!」と
 子ども達が言う事を優先することにもなる。

 自分のことよりも子ども達が喜ぶことのほうが嬉しい。

 犠牲的な思いというより、そうしたいからそうする。


 そんなこんなで、自分のことだけ考えていれば良い時より、
 人としての幅が広がると思います。







 ■ <その4> 可愛い子どもと接することができる時期は限られている
 ----------------------------------------------------------------


 「とーちゃん大好き」

 「とーちゃんがいいの〜」


 長女のプリ子がよくこんなことを言ってくれます。


 また、保育園の送りでは、見えなくなるまで手を振ってくれます。

 お風呂ではパンツをはかせてくれたりも。



 長男のプラ太もこんなことを言ってくれます。

 「俺が大きくなったら育児や家事をやってあげるよ! 
  その時は、とーちゃんはビール飲んでいて」


 更には、私のビールのおかわりがあると。

 「俺がもってくるんだ」

 「プリちゃんがもってくるの〜」

 2人が争うように持ってきてくれます。


 保育園の迎えや家に戻ると、喜んで出迎えてくれます。


 こんな嬉しいことを妻はしてくれません。


 自分が必要とされている、そんな気持ちが強まります。



 プラ太の幼稚園の弁当をつくっていた頃。

 「毎日、お弁当をつくってくれてありがとう」

 卒園式に手紙をもらって、ちょっとホロッとしてしまいました。


 
 「お〜 こんなことも出来る様になったのか・・・」

 子ども達の成長も肌で感じることもできます。



 しかし、こんな可愛くって、私を必要としてくれる状態も
 今だけでしょう。



 「子どもは、3歳迄までに一生分の親孝行をする」


 そんな言葉を聞いたことがあります。


 子供は何をしても可愛い。

 日常の何気ない動作ですら親に与える喜びはとても大きなものである。

 3年だけでも一生分の親孝行しているくらいに親を和ませる。


 成長して生意気を言うようになり、親の言うことを聞かなくなって
 もあきらめなさい。

 そんな意味だったと思います。



 3歳とは言わずに今後も続けて欲しいですが、この時期まででも充分
 だなとは思います。


 そんな可愛い時期の子ども達と密に接することができるのは、限られた
 時期しかありません。


 大きくなったら出来ない事が沢山あります。 

 手を繋いだり、ダッコしたり、一緒にお風呂に入ったり、寝たりは
 できないでしょう。


 そのうち、可愛かった娘が「一緒にパンツ洗わないで」と、
 その距離も離れていくはずです。


 後になったら、もうやり直すことはできません。


 私も、可愛い子ども達と接することが出来る今の時期を大切にしたい
 と思います。


 世のお父さんも、是非、今のうちに沢山チューをしておいたほうが
 いいですよ。




------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」

 Q: メンタルヘルス対策を考えるうえで、すべての人・だれしもが

   メンタルヘルス不調になる可能性があるということを前提に

   立つことが必要である。 ○か×か?


   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON12-A2.html


-------------------------------------------------------------------


  ◆ あなたはどっち?「ストレス借金」vs「リラックス貯金」

   「1日10分 リラックス貯金術」&「やっかいごと解決法」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1881-A1.html


  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1888-A1.html


  ◆「腕試し問題集!メンタル検定2種に挑戦!」をプレゼント!
               
    講座動画「心の健康問題の正しい態度とは」も視聴可!

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-PRE-A1.html



=========================【 編 集 後 記 】=============================


 続き・・・


 
 「色が白いわね〜」


 プラ太はよく見知らぬ人から声をかけられることがあります。


 特に電車の中や外出先など。

 大抵の場合は、年配の女性の方。
 


 プラ太は色素が薄い。

 肌は白い。 

 髪の毛は茶髪。

 目の色もグレー気味。




 そして、多くの方がこの様なことを聞いてきました。


 「ハーフなの? お母さんは外国の方?」



 私は「生粋の日本人です」とこたえるしかありません。




 確かに、その様にも見える。


 こんな感じです↓ 




 妻も同じ様なことをよく言われていました。


 あまりにも多いので、私も余計なことを考えてしまう。


 「妻と私は日本人であり見た目も日本人。

  妻と私の両親も同様であり、覚醒遺伝的ではなさそう・・・」



 「妻から産まれたのは間違いない。この眼でハッキリと見た。

  病院で同じ日に産れた子も他にいない。間違えられた可能性もない・・・」



 「では、なぜ・・・・・・」



 ちょっと心配になっていた私は、表面的にはこう言って自分を納得
 させていました。

 「俺もお尻は白いし、小さい頃は茶髪だったんだよね〜」




 そんなこんなで、よく話しかけられるプラ太。


 すると、プラ太も何やら話し出す。


 「この電車はね〜」とウンチクを言い出したり、
 「この子はね。1歳なんです」とプリ子の話題を出したりする。


 そして、しばらく色々な話をしていると、
 「もらっちゃった」お菓子やアメなどをもらってくる。


 そんなことがよくあります。




 そして、先日も。


 それは、東京都立川市にある昭和記念公園に行った帰路。

 子ども達は、1日中遊んだせいもあり疲労気味。


 ところが、帰りの電車は混雑で座れません。

 プリ子はウトウトしてきて、時たま崩れる様に倒れたりする。

 そんなことを繰り返していました。



 「ここ座る?」

 その時、前に座っていた年配の女性がスペースを作ってくれました。


 しかり、プリ子はクビを振ってダッコをせがみます。

 仕方なく、私はプリ子をダッコしました。



 すると「おにーちゃん座る?」と。

 そして、プラ太は座って電車の本を取り出して読もうとしました。


 「電車が好きなんだ〜」と話しかけられと、
 「この電車はこうでね」とプラ太のウンチクが始まりました。


 「あら凄い。よく知っているわね。何歳?

  うちの孫も電車が大好き。男の子は電車が好きなのよね〜」


 そんな会話が続くこと20分。


 我々が下車をすることになり、お別れをしました。


 「また、あのおばさんに会いたいな〜。電話番号を聞いておけば良かった」

 楽しい会話ができたプラ太は満足気。



 「それにしても、うちの子ども達はよく話しかけられるな〜」

 そんなことを思っている時に、私はあることに気づきました。


 「そういえば、この頃、ハーフ? とか お母さんは外国の方? 

  そんなこと聞かれなくなったな〜」と。



 今でも色白で茶髪ではあるが、昔ほどではない。


 ちょっと心配になっていた昔を思い出し、なんだかホッとした気分でした。




 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



 ■クリックお願いします!
-------------------------

 今回(2010/12/01)のメルマガは

  ★★★★★:すごく良かった 
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033802A1391a

  ★★★★☆:まーまー良かった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033802A2be23

  ★★★☆☆:普通
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033802A394f0

  ★★☆☆☆:あまり良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033802A47f70

  ★☆☆☆☆:良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033802A5b34e


  ○コメントボード
  ┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0033802P00Cddeb




 ■メールでの応援・激励・感想・意見はこちら 
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


 ■はじめての方へ・運営者プロフィール
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A2.html


=======================================================================

 ★「腕試し問題集!メンタル検定2種に挑戦!」をプレゼント!
               
  講座動画「心の健康問題の正しい態度とは」も視聴可!

   ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-PRE-A2.html


 ★ メル川 随時募集中!
 -------------------------
  
 あなたの思いを伝えたい方へ。
 
 それが、どこかの誰かの心を癒すことになるのです!

 サラリーマンをはじめ、OL、主婦など、どなたでもご参加が可能。

 随時、あなたからの作品をお待ちしております。


 詳細・過去の優秀作品はこちら
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-sen-A1.html

 応募はこちら
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)



 ★メンタルヘルス問題を「未然に防ぐ人」と「起こして後悔する人」

  メンタルヘルス検定に「合格する人」と「失敗する人」

  その差はわずか、その違いとは? 
 
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-A1.html



=========================【 企画・発行 】==============================

 ◆企画発行:株式会社チーム医療
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
  http://www.iryo.co.jp/

 ◆発行責任:梅本和比己・川辺晶弘 
  kawabe☆iryo.co.jp
  (送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


=======================【 注意・免責事項 】============================

 ◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
  一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆有益と思われるものをご紹介しておりますが、このメルマガに記載されている
  サービス・商品をご利用になられて発生したトラブル、不利益、損害に関しま
  して、当方では、一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

 ◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。

   Copyright (C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved
=======================================================================


トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.