(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
    - 毎日をやる気をもって元気に暮らすためのメンタルへルス情報を紹介-  

         << 元気にイキイキと暮らすメンタルヘルス法! >>

                               第0060号(2010/12/15)チーム医療
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  

         ■■ やってみた! そして思った育児・家事 ■■ 
 
                     【 第9回 】 
    
-------------------------------------------------------------------

  ◆ あなたはどっち?「ストレス借金」vs「リラックス貯金」

   「1日10分 リラックス貯金術」&「やっかいごと解決法」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1881-A1.html


  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1888-A1.html


-------------------------------------------------------------------

  ★はじめての方へ・運営者プロフィール
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A1.html

===================================================================


 本日もご開封、ありがとうございます。

 お世話になります。チーム医療の川辺です。 


 スーパーで買物をしていると、長女のプリ子はオネダリをします。

 私は、彼女の気持ちを受け止めて、納得させてその場を去る。


 しかし、その日は、なかなか思い通りにいかず・・・


                         続きは編集後記で・・・


------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」

 Q: アルコール依存症の治療としては完全断酒しかなく、治療は難渋

   することが少なくない。   ○か×か?


   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON06C-A1.html


---------------------------【 本 編 】---------------------------


 石崎さん。


 彼は、ある会社の社長。


 会社の業績アップのために、馬車馬のごとくあれもこれもこなして
 頑張っていました。


 ところがです。


 そんな石崎さんにとんでもないことが起きます。


 それは、命にかかわる病気となり、心身に負担のかかる仕事を辞める
 ことを医者から忠告されてしまったのです。

 今まで通り仕事を続けたら、命はない・・・


 しかし、社員や自分の家族のことを考えると、辞めるわけにはいかない。

 そこで、どうしてもということで、1日1〜2時間くらいだけ仕事をする
 ことを了解してもらいました。


 絶対の厳守です。


 石崎さんは、今まで沢山あった仕事のなから、自分にしか出来ない本当に
 重要なものだけを、絞りに絞って、その時間内で終わらせるようにした。


 仕事以外のときは、孫の面倒をみたり、ボランティア活動などを行って
 過ごしました。 
 
 すると、石崎さんの体調は良くなったばかりか、会社の業績も上がった
 のです。





 
 実はここ数年、妻が心身の不調のため、数ヶ月を要するような入院を
 繰り返しています。 
 
 そして、それは今も続いている。


 そんなこともあり、育児・家事の多くは私がやる。
 
 というより、ほとんど私。


 僭越ながらお父さんとして育児・家事を本格的にやってみての思いを、

 「やってみた! そして思った育児・家事」

 と称して、数回にまたいでご紹介しています。


 前回から、育児・家事と仕事の両立によるメリットのいくつかを
 ご紹介しました。

 <その1> 時間を有効に効率良く使う意識が強くなった

 <その2> メリハリができて、集中力が高まる


 詳しくはこちら↓
 http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-BK0059-A1.html



 そして、今回も、育児・家事と仕事の両立についての続きになります。


 幸か不幸か、育児・家事と仕事を抱えることになった私が少しずつ
 出来る様になった人生全般において非常に重要なことについてです。






 ■ <その3> 重要な20%を見極めて集中し、それ以外は諦める
 --------------------------------------------------------

 育児・家事と仕事の両立によるメリット。


 3つ目は、重要な物事を見極めてそれに集中し、それ以外のことをスパっと
 諦めること。

 それは、「80対20の法則」を活用することです。
 

 この法則は以下の様なもの。


 投入と産出、原因と結果、努力と報酬の間には、必ず不均衡が生じ、
 その割合はおおよそ80対20となる。


 成し遂げた成果や結果の80%は、費やした時間や労力の20%から生まれる。

 逆に、

 費やした時間や労力の80%は、成し遂げた成果や結果の20%しか生み出さない。


 
 図にするとこんな感じです↓



 例えば、

 ある会社の売上(利益)の80%は、20%の商品、営業マン、お客によって生み出される。

 あるテストに出題される問題数の80%は、20%の出題範囲から出題される。


 逆に、

 80%の商品、営業マン、お客は、会社の売上(利益)の20%しか締めていない。

 80%の出題範囲は、実際にテストに出題される20%しか締めていない。

 

 全ての物事が均衡的に成果につながるのでなく、物事の種類によって非常に
 不均衡が発生する。

 費用対効果で言えば、前者と後者は、16:1の比率になる。


 つまり、物事を完璧に全てこなそうとしたり、100点満点を目指そうとすると、
 著しく効率が悪い80%のことも行わなければならなくなる。


 これが、ある分野の超専門家であり、それによって多くの報酬をもらえる
 ようなものであれば集中すべきでしょう。


 しかし、我々がとりまく普段の生活では、そうでないもののほうが多い。


 だから、重要な20%を把握して、それに集中したり増やすことを考える。

 あるいは、80%の成果で良しとして、他の分野の重要な20%を行う。

 
 どちらにしても、成果の20%しか生まない80%の部分を切り捨てる必要がある。



「人生を変える80対20の法則」 著者:リチャード コッチ より

 ご興味がある方はこちら↓




 これまた例えると、

 売れている商品販売に力を入れて、売れていないものの取扱いを止める。

 それによって、会社全体の売上・利益を上げる。


 完璧な皿洗いを目指すのでなく、手際よく皿洗いを80点で終わらせて、
 洗濯を80点で終わらせて、掃除を80点で終わらせる。

 更には、家事を80点で終わらせて、遊びや仕事の分野にも積極的に乗り出す。


 仮に皿洗いが完璧でも、洗濯と掃除ができなくなったら意味がない。

 あるいは、それ以外の分野が見いだせなかったら人生はつまらない。


 そんな感じです。



 また、冒頭の文章は仮名ではあり、正確な内容ではないですが、
 何かの本で読んだ実話でもあります。 






 ■ この法則を私の人生において振り返ってみると?
 -----------------------------------------------

 私自身も、今までの人生において、この法則がよくあてはまります。


 試験の際に、時間をとって教科書の最初のページから読んでいても、
 重要なところに辿り着く前に、やる気がなくなってしまう。  

 それよりも、試験の30分前に、絶対に出ると思われる所だけを集中して覚える。


 労力と時間をかけたのに、あまり成果がでなかった仕事。

 それに、反して、時間がなかったために必要最低限のことしかしなかった 
 のに成果がでた仕事。

 そもそも、前者は成果の出にくい仕事で、後者は成果が出やすい仕事であって、
 その見極め自体ができていなかった。



 時間が限られていて、終わり時間も決まっている。

 そんな時に、これだけは絶対に欠かすことができないものだけをやる。

 それ以外を思い切って諦める。


 1日の単位やある仕事の範囲の中でそれを行う。


 更には、その範囲を長く大きくしていく。

 1日 → 1週間 → 1ヶ月 → 1年 → 人生全体。

 作業 → 仕事→ 事業全体 → 会社全体 →人生全体。

 
 本来ならば、時間があろうとなかろうと、それが出来ればいい。


 しかし、それがなかなかできないものなのです。






 ■ 全部をくまなくやろうとすると、結局終わらない・・・
 ---------------------------------------------------

 私はやりだしたらこだわったり、全ての物事を自分でこなそうとする
 傾向があります。


 すると、思っていた以上に時間を費やしたり、あまり重要でないことを
 先にやって、重要なことを行う時間がなくなってしまうこともある。


 世にある速読なんかも、重要な20%しか読まないとのこと。

 本に書いてある全文字の20%が重要部分であり、著書が最も言いたいこと
 であり、そこだけを読む。

 残りの80%は読まない。

 そして、また新しい本を読んで、新しい情報や知識を得る。

 1週間にじっくり1〜2冊読むより、速読で7〜10冊読むほうが質の高い情報量
 が多くなる。


 しかし、私は、1冊の本を全部読まないと気がすまないたち。


 思い切って、重要でない部分を捨てる勇気がもてない。


 もちろん、本を読むのは知識や情報を取得だけでなく、小説など楽しむ
 ことが目的なものもありますが・・・


 また、大掃除で、台所の掃除をやりだすと、最初はシンクだけと思っていたのに、
 シンク、換気扇、床などトコトンやりだす。

 そこで、時間と労力を費やしてしまって、他の掃除が出来ずに終了してしまう
 のです。






 ■ 新しい何かを手にいれるには?
 --------------------------------
 
 しかし、多くの仕事や分野にまたいで活躍している人。

 勉強もバッチリできるのに、部活でも活躍している人。

 そんな人もいる。

 
 きっと、これらの人は、各分野の中での重要な20%を見極めて、
 そこだけをしっかりと行っているのでしょう。

 だから、沢山の分野で掛け持ちできるのであろう。



 私も、幸か不幸か、育児・家事、妻の病気の対応、仕事を同時に
 かけもちすることになった。

 限られた時間の中で、必要で重要なものは何か?と考えるしかない
 状況になった。

 逆に言い方をすると、変に執着していたことも、スッパリ諦めるしかない。


 そんなことが、少しづつ出来るようになりました。


 この頃、思うことは、今まで持っていた考えや執着を手放さない限り、
 今までと同じ結果が出続けるだけで、新しいものは手に入らないと。






 ■ ディズニーランドとディズニーシーの良いところ取り、そして・・・
 ----------------------------------------------------------------

 当然、育児・家事と仕事をこなすことは大変です。

 朝の育児・家事をこなして、長女のプリ子を保育園に預けて会社へ出社。 

 この時点でヘロヘロです。
 
 仕事が終わって、保育園に迎えにいく夕方は、フラフラです。



 また、どちらの領域に対しても、反省や不満を感じてしまいます。


 仕事では、周りの人に負担をかけたり、時間があればもっとできることもある。

 育児・家事では、余裕がなくってイライラし、子ども達を怒ってしまうこともある。


 各それぞれの分野の満足度を10点満点とすると、6〜7点ぐらい。

 
 ただ、両分野とも中途半場だからといって、全体として不満足か?と言われると
 そうではない。


 1つの領域だけに集中しても10点満点を取るのは難しいですが、2つの領域の
 (6〜7点) + (6〜7点) を足す事で、12〜14点くらいの満足を得ることができます。


 結果として、1つの領域だけで得られる満足度より大きくなる。


 例えるなら、1日でディズニーランドをくまなく遊ぶより、1日の可能な範囲で
 ディズニーランドとディズニーシーの楽しいところだけで遊ぶようなもの。

 非常に疲れはする。

 しかし、あっちも楽しめて、こっちも楽しめる。


 更には、隣駅にある葛西臨海公園でも遊ぶ。
 

 そんな感じです。


 各分野の労力と時間に対する成果が高まるばかりでなく、全体としての満足度が
 高まります。



 そういう意味で言えば、仕事だけしているお父さんは育児・家事もかけもちする。

 育児・家事を行っているお母さんは仕事もしてみる。  
 
 
 男女問わず、育児・家事と仕事の両立にはこんなメリットがあると思います。



 ちなみに私の場合、家事に関しては、40〜60点くらいを目指している。

 最小限の労力で、家族が死なない程度で生活が出来ればいいと思っています。


 そもそも、私の人生に費やせる時間も限られているし、いつか終わりも来て
 しまうのですから。





 【 追伸 】

 今回、ご紹介した「80対20の法則」

 これは、仕事やビジネスに非常に活用できるものであり、そればかりか人生に
 おいての幸福といった全般的なものにも応用できる凄いものだと思います。

 これを知って活用できるのと、出来ないとでは人生が大きく変わるのではないか
 と感じるこの頃です。

 詳しく知りたい方はこの本を読んでみてください。

「人生を変える80対20の法則」 著者:リチャード コッチ


 すごくオススメです↓

 
 


------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」

 Q: アルコール依存症の治療としては完全断酒しかなく、治療は難渋

   することが少なくない。   ○か×か?


   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON06C-A2.html


-------------------------------------------------------------------


  ◆ あなたはどっち?「ストレス借金」vs「リラックス貯金」

   「1日10分 リラックス貯金術」&「やっかいごと解決法」
 
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1881-A1.html


  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1888-A1.html


  ◆「腕試し問題集!メンタル検定2種に挑戦!」をプレゼント!
               
    講座動画「心の健康問題の正しい態度とは」も視聴可!

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-PRE-A1.html



=========================【 編 集 後 記 】=============================


 続き・・・

 
 「これ、ほしい」


 その日も、プリ子はプリキュアのオモチャをオネダリしました。


 「これ、ほしんだね」

 私はいつもの様にアクティブリスニングこと傾聴をする。



 「うん、ほしーの! 買って!」とプリ子。


 「プリ子が欲しい気持ちはわかった。そしたら、お姉さんになったらね」


 私はいつもの様に、これで気が済んだだろうと思いました。



 すると、「今日、買ってほしいの!」と。


 「なに!」と思いつつも、「今日、欲しいだね。でも、今日は急ぐし、
 お金もない。だから、お姉さんになったらね」と私。


 しかし、「今日がいいの〜」と駄々をこねる。


 「今日がいいんだね。そしたら、今度の今日ね」私は訳のわからない事を返します。



 「ヤダー、今日がいい!」


 プリ子は、まったく譲りません。



 そしたら、奥の手です。


 「そしたら、サンタさんからのプレゼントにしてもうらうよ」


 私は、この場を解決しようと、少しでも先に延ばしにしようとします。

 大抵の場合は、これで納得してくれます。



 しかし、「ヤダー 今日がいいの〜」とまったく譲りません。



 「そんなのダメだ! いくぞ」

 
 私は傾聴する気力もなくなり、威圧に切り替えて移動しようとしました。


 
 するとプリ子は、オモチャを持ったまま着いてくるではありませんか。 



 このまま、外に出たら泥棒になってしまいます。 



 「これ、返してきな!」


 「ヤダ!」


 「返してきな!」


 「ヤダ!」



 お店の入り口付近で、押し問答が始まってしまたのです。



 そんな姿を、通り過ぎるお客さんから見られ、店員さんからも笑われてしまいました。



 「プリ子はこのオモチャを欲しいのはわかった。でも、今日は急ぐし、お金もない。
  だから、サンタさんからのプレゼントにしてもうらうよ」


 私は、再度落ちつきを取り戻そうとして、その様に言い直しました。
 


 その時です。
 


 「ヤダ! 今日がいいの! 今日がいいの!」


 遂に、プリ子がバタバタと床に転げ周ってしまったのです。

 


 私もかなりイラついていたので、この様に言いました。


 「言うこと聞かないなら、もうサンタさんからのプレゼントは無しに
 してもらうからね」


 最後の切り札です。
 

 こう脅せば、嫌々ながらも納得せざろえないだろうと・・・




 ところがです。




 この後、私の想定外の発言をプリ子は放ったのでした。



 続きは次回に・・・




 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



 ■クリックお願いします!
-------------------------

 今回(2010/12/15)のメルマガは

  ★★★★★:すごく良かった 
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033870A1fc62

  ★★★★☆:まーまー良かった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033870A2dc23

  ★★★☆☆:普通
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033870A317ea

  ★★☆☆☆:あまり良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033870A406fe

  ★☆☆☆☆:良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0033870A5176c


  ○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0033870P00Cc65d





 ■メールでの応援・激励・感想・意見はこちら 
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


 ■はじめての方へ・運営者プロフィール
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A2.html


=======================================================================

 ★「腕試し問題集!メンタル検定2種に挑戦!」をプレゼント!
               
  講座動画「心の健康問題の正しい態度とは」も視聴可!

   ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-PRE-A2.html


 ★ メル川 随時募集中!
 -------------------------
  
 あなたの思いを伝えたい方へ。
 
 それが、どこかの誰かの心を癒すことになるのです!

 サラリーマンをはじめ、OL、主婦など、どなたでもご参加が可能。

 随時、あなたからの作品をお待ちしております。


 詳細・過去の優秀作品はこちら
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-sen-A1.html

 応募はこちら
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)



 ★メンタルヘルス問題を「未然に防ぐ人」と「起こして後悔する人」

  メンタルヘルス検定に「合格する人」と「失敗する人」

  その差はわずか、その違いとは? 
 
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-A1.html



=========================【 企画・発行 】==============================

 ◆企画発行:株式会社チーム医療
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
  http://www.iryo.co.jp/

 ◆発行責任:梅本和比己・川辺晶弘 
  kawabe☆iryo.co.jp
  (送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


=======================【 注意・免責事項 】============================

 ◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
  一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆有益と思われるものをご紹介しておりますが、このメルマガに記載されている
  サービス・商品をご利用になられて発生したトラブル、不利益、損害に関しま
  して、当方では、一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

 ◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。

   Copyright (C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved
=======================================================================


トップページへ
Copyright(C)2007-2010 Team Iryo Inc. All rights reserved.