(無料)
メールアドレスを入力し
【登録】を押して下さい


 トップヘージへ

◆◇------------------------------------------------------------◇◆
  〜 毎日をやる気をもって元気に暮らすためのメンタルへルス情報を紹介 〜 

             元気にイキイキと暮らすメンタルヘルス法! 
                                            VOL.70 2011.4.20
◇◆---------------------------------------------【チーム医療】----◆◇


        ■ 医者や薬に頼らず、自ら健康を維持する方法 【前 編】 ■
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
--------------------------------------------------------------------


 「イチ ニー サン シー」


 「やった! これで俺も賞味期限切れのもの食べられるぞ!」


 長男のプラ太がニコニコして言いました。


 「なんで?」と私。


 「だって、父ちゃんはこの体操しているから元気なんでしょ」との
 こと。


 それは、私が今年になって始めたある健康法のことです。



 我が家では、賞味期限切れの消費役は一家の大黒柱であるはずの私。

 「はい、これ。 父ちゃんなら大丈夫でしょ」

 妻がたまに私に用意してくれる食べ物は、消費期限切れのものが多
 い。



 ところがです。


 「いいな父ちゃんだけ。俺も食べたかったな・・・」

 いつも、プラ太は食べられないことが悔しいらしい。


 彼にとって、賞味期限切れを食べられるのはある種のステイタス。

 まるでの特権のような扱い。



 「なんで父ちゃんだけ?」

 同然のことながらそう聞いてきます。


 「父ちゃんは、いつも健康を気づかって元気だから、賞味期限切れ
 のものを食べても大丈夫なんだ」


 そんな風に説明。


 そのため、「賞味期限切れ食べ物を食べられる」=「健康」=「体
 操」という図式がプラ太の頭の中には成り立っていたらしいのです。


 なぜか、賞味期限切れOKということになってしまった"ある体操"。


 今回は、心と体が強くなり、風邪から成人病にまで効くと言われて
 いる健康法をご紹介します。



====================================================================

  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1919-A1.html


  << この講座を開催した目的とは? >>

  梅本 和比己(チーム医療 代表取締役)からのコメント

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MNS-S1919MOV1-A1.html


  << なぜ、この講座をマスターしていただきたいのか? >>

  山本 晴義 先生(横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長)
   の講座開始時のコメント

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MNS-S1919MOV2-A1.html

-------------------------------------------------------------------

  ★はじめての方へ・運営者プロフィール
    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A1.html

-------------------------【 運営者より 】--------------------------



 本日もご開封、ありがとうございます。

 お世話になります。チーム医療の川辺です。 


 地震などの影響もあり、少し前のことになりましたが、
 「6名の若き音楽家のコンサート」というものに行ってきました。

 静寂が求められる演奏中に長女プリ子は騒がないでいられるのか?

                      続きは編集後記で・・・


------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」


 Q: 「労働者健康状況調査」(厚生労働省、2007年)の結果報告によると、
   「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスがある」原因として、
   男性で最も多いのは「仕事の質の問題」である。

   ○か×か?

   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON05B-A1.html


---------------------------【 本 編 】--------------------------



 ◆ 義務教育になれば、各種病気に悩まされることも
   なくなるのでは・・・
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「何て読むんだ?」

 それを知ったのは、ふとしたキッカケでした。


 まさか、これが3ヶ月以上続く習慣になるとは、この時は思ってい
 ませんでした。



 約半年ほど前。

 メルマガ読者の方から、ある情報を頂いてネットで調べていました。


 その途中に、実際に調べているものから脱線。


 そして、アマゾンのサイトにある本のレビューを目にしました。


 そこには、こう書かれていましたのです。


 [レビュー1]

 風邪から成人病にまで効くこの健康法の効果・方法を、死地から脱
 した医師である著者が紹介する。

 ・・・中略・・・

 この本に巡り会えたのは、まさに幸せです。



 [レビュー2]

 10年以上前に健康オタクである私が出会った一冊。

 その後いろいろな健康法を試してみたがやはりこれが一番。

 ・・・中略・・・

 わが国の義務教育にて必須科目にでもなれば、ウツ、引きこもり、
 各種病気に悩まされることもなくなるのではないかと思うくらいだ。  




 「本当かよ? ちょっとオーバーじゃない?」


 そこまで言うならと興味を持ったので、その本を購入してみました。






 ◆ 医者や薬に頼ることなく、自分を強くする!?
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 後日。

 その本が届きました。


 それは「自彊術」というものが書かれていたもの。


 「じきょうじゅつ」と読みます。


 早速、読んで見ることに。

 それには、この様なことが書かれていました。



 自彊術とは、自分を強くするように自らつとめる術。

 自分の健康を維持するためには、医者や薬に頼ることなく自ら
 の手で行わなければならないという意味が込められています。


 大正5年、中井房五郎氏が中国に古くから伝わる導引術を学び、
 独自の治療術を確立。

 中国の健康法である気功のポイントをうまくとった日本式気功法
 です。

 頭の先から足の先まで、全身を整えることのよって心身の健康を
 獲得する整体法。

 全身の可動関節239個が述べ1万数千回も動き、関節筋肉延べ
 10万個が収縮・弛緩運動します。


 硬くなった関節をほぐし、歪んだ骨格を矯正し、血液の循環を活発
 に 体中に点在する重要なツボを適度に刺激。

 基本的な生命活動が活発になり、効果的にストレスも発散できます。

 心を整えるとともに体を動かし、心と体の交流をバランスよく行い、
 ストレッチなどの要素も盛り込まれている。


 本来、人間には、体のどこかに疾患が生じたとき、それを自然に
 治してしまう力が本来備わっています。

 自彊術を行うことで、自然治癒力が極度に高められ、ときには医師
 が見放した難病するも治してしまうのです。


 自律神経失調症、糖尿病、など健康を害した人が、健康体に戻った
 という事例は数え切れないほど。


 それ以外にも、高血圧症、動脈硬化症、慢性肝炎、慢性腎炎、心身
 症、慢性胃腸炎、変形性関節症などにも。


 毎日手軽にでき、1回15分、器具なし、畳半畳分のスペースがあ
 れば出来る体操です。



   池見 酉次郎 著書

  「自彊術入門―1日15分、31の動作で心と体が強くなる」 より

  この本の詳細はこちら↓
  http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-BOOK0006-A1.html






 ◆ 何か怪しいな・・・ こんな格好できるわけない・・・
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「なんだか凄いな〜 でも、本当かよ?」


 本の中にもやり方は書いてありましたが、何となくわかりづらい。

 そこで、これまた評判な入門編と実践編の2巻をセットにしたDVD
 を購入してみました。



 そして、後日。

 早速、DVDを観てみました。



 「何か怪しいな・・・」

 これが最初の感想です。


 道場のようなところで、大勢の人が並んで、テキパキと体操をして
 いる。


 しかも、地面につきそうなくらい股を開いたり、相撲の四股みたい
 なことなどを行っている。

 こんな感じ↓



 「こんな格好できるわけない・・・」



 なんだか、DVDを買ったことにちょっと後悔。


 とはいえ買ってしまったものは仕方ありません。


 もったいないので、とりあえずやってみることにしました。






 ■ 今回のおさらい ■
 --------------------

 ◎ 自彊術とは、医者や薬に頼ることなく、自分の健康の維持
   を自らつとめる術

 ◎ 中国の健康法である気功のポイントをうまくとった
   日本式気功法


 ◎ 硬くなった関節をほぐし、歪んだ骨格を矯正し、血液の
   循環を活発に体中に点在する重要なツボを適度に刺激


 ◎ 自然治癒力が極度に高められ、ときには医師が見放した
   難病するも治してしまう


 ◎ 自律神経失調症、糖尿病、など健康を害した人が、健康体に
   戻ったという事例は数え切れないほど




 【 次回 】
 
「何か怪しいな・・・」と思ってしまった自彊術。

 買ったDVDももったいないので、やってみることにしました。

 果たして、その効果のほどは・・・
 



 【 追伸 】

  東日本大震災に関するチャリティ事業として、「こころのケア」
  への対応法第2弾として、「子どもの心のケア」に関するPDFを、
  無料で閲覧できるサービスを開始しています。


  ★ 子どもの心のケア 〜効果的な対応をするために〜 ★
 ---------------------------------------------------

  ▽ 臨床心理士の倉成央先生からのアドバイス▽

   https://www.iryo.co.jp/wp-content/uploads/kodomo_care.pdf



  ★ 被災地ではない被災地周辺地域の方のための震災ストレスケア ★
 ----------------------------------------------------------

  ▽ 精神科医の奥田先生からアドバイス▽
  
   https://www.iryo.co.jp/wp-content/uploads/stresscare_advice.pdf



 (まだ続く 編集後記↓)


------------------------◆ちょっと腕試!◆-------------------------


 ★心の時代に注目される資格!「メンタル検定2種」


 Q: 「労働者健康状況調査」(厚生労働省、2007年)の結果報告によると、
   「仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスがある」原因として、
   男性で最も多いのは「仕事の質の問題」である。

   ○か×か?

   答え・動画解説 ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MON05B-A2.html


-------------------------------------------------------------------


  ◆ いま、本当に求められているカウンセラーとは?

   「メンタルヘルス・カウンセラー養成講座」

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-S1919-A2.html


  << この講座を開催した目的とは? >>

  梅本 和比己(チーム医療 代表取締役)からのコメント

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MNS-S1919MOV1-A1.html


  << なぜ、この講座をマスターしていただきたいのか? >>

  山本 晴義 先生(横浜労災病院 メンタルヘルスセンター長)
   の講座開始時のコメント

    ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MNS-S1919MOV2-A1.html


=========================【 編 集 後 記 】=============================


 【前回まで】

 長男プラ太はピアノを習っている。

 その先生がコンサートで講演をすることになり、それを聴きにいく
 ことに。

 しかし、会場では静寂が求められる。

 いつもギャーギャー騒ぐ長女プリ子が心配。

 すると、先生が特別席を用意してくれ、プリキュアの絵本もプレゼ
 ントされた。 (これを読んで静かにしろ!という主旨)




 続き・・・


 受付の人に案内され、会場に入ることに。


 中は階段状になっていました。


 私達は、その一番上で、出入り口に最も近いところ。

 
 そこには、"川辺様" という張り紙がはってありました。
 


 「演奏中は物音を立てず、出入りは基本的にはしないでください。

  どうしてもという時には、静かにお願いします」


 そう念を押されました。

 
 何度も言われるとプレッシャーになってきます。



 そして、開演が近づくにつれ、席は満席に。

 迷惑をかけるかもしれない人が多くいるということに不安は増長。



 そして、いよいよ開演です。


 会場は暗くなって、シーンと静寂に包まれます。



 「あ 見えない!」

 早速、絵本が見えなくなったプリ子


 「シー 喋らない!」と注意。


 「だって、見えないんだもん」と更に大きな声を出すプリ子。


 仕方がないので、非常用のランプが光るところに少し移動。

 そこで、絵本を読ませることに。



 最初の演奏家がピアノを弾きだしました。


 「やはり、生の音は凄いな」

 耳に入る音だけでなく、胸元に直接響きます。


 「慌ただしい日々を過しているが、たまにはゆっくりと音楽を聴く
 のもいいな」

 
 しかし、そんな優雅な時間は長くは続きませんでした。


 
 「なんだよ〜 やめろよ〜」

 長男のプラ太が落ち着きなくなって、ソワソワしてきました。



 やることがなくなったプリ子は、プラ太にチョッカイを出していた
 のです。


 「シー 静かに!」

 極力、小声で注意。


 それでも、チョッカイを止めません。


 仕方ないので、無理やりプリ子を抱え込み口をふさぎました。


 すると、「ウ〜 ウ〜」とバタバタと暴れます。


 そんなことをしている間に、3名の演奏家が終了。

 時間にすると1時間ほど。


 「ほとんど、聴いた気がしなかった。でも、何とか迷惑にはならな
 かったはず・・・」 

 そんな風に思っていた私。



 そんな時。


 係りの女性の方がこっちに寄ってきます。


 「私語を謹んでいただけないでしょうか・・・」



 「申し訳ありません」予想に反する結果にガッカリする私。



 しかもです。


 「だってツマラナイんだもん!」

 プリ子が余計なことを言い出しました。


 「バカ!」と私。


 「ジッとしているのも大変だもんね〜 でも、もうちょっと頑張っ
 てね」

 必要最低限のフォローをして、係りの女性はその場を後にしました。



 
 「もはやこれまでか・・・ 次も騒ぐようだったら外に出るしかない。

 でも、ここまで頑張って肝心な先生の演奏を聴けなかったら苦労の
 甲斐もない。

 とにかく、もう少し頑張ってみよう」


 その様に決意を固め、後半に挑みました。


 果たして、一番最後に行う先生の講演は聴けたのか?


 またしても、次回に続きます。
 


 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。



 ■クリックお願いします!
-------------------------

 今回(2011/4/20)のメルマガは

  ★★★★★:すごく良かった 
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0034490A1c733

  ★★★★☆:まーまー良かった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0034490A26244

  ★★★☆☆:普通
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0034490A3cdd1

  ★★☆☆☆:あまり良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0034490A40d61

  ★☆☆☆☆:良くなかった
  ┗ http://clickenquete.com/a/a.php?M0002996Q0034490A51a6d


  ○コメントボード
  ┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0034490P00C5a33




 ■メールでの応援・激励・感想・意見はこちら 
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


 ■はじめての方へ・運営者プロフィール
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-syoukai-A2.html


=======================================================================


 ★ メル川 随時募集中!
 -------------------------
  
 あなたの思いを伝えたい方へ。
 
 それが、どこかの誰かの心を癒すことになるのです!

 サラリーマンをはじめ、OL、主婦など、どなたでもご参加が可能。

 随時、あなたからの作品をお待ちしております。


 詳細・過去の優秀作品はこちら
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-sen-A1.html

 応募はこちら
⇒ kawabe☆iryo.co.jp
(送信時は☆を半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)



 ★メンタルヘルス問題を「未然に防ぐ人」と「起こして後悔する人」

  メンタルヘルス検定に「合格する人」と「失敗する人」

  その差はわずか、その違いとは? 
 
  ⇒ http://www.iryo.co.jp/cp/MMM-MENTAL-A1.html



=========================【 企画・発行 】==============================

 ◆企画発行:株式会社チーム医療
  〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-42-1 折原ビル
  電話:03-3945-0771 FAX:03-3945-0355
  http://www.iryo.co.jp/

 ◆発行責任:梅本和比己・川辺晶弘 
  kawabe☆iryo.co.jp
  (送信時は☆を、半角の@にご変更ください。スパム対策のためです)


=======================【 注意・免責事項 】============================

 ◆記載されております内容に誤りがあったために生じた損害等について当方は
  一切責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。

◆有益と思われるものをご紹介しておりますが、このメルマガに記載されている
  サービス・商品をご利用になられて発生したトラブル、不利益、損害に関しま
  して、当方では、一切の責任を負いかねますので、御了承ください。

 ◆このメルマガに掲載された記事を許可なく転載又は引用することを禁じます。

   Copyright (C)2007-2011 Team Iryo Inc. All rights reserved
=======================================================================

トップページへ
Copyright(C)2007-2011 Team Iryo Inc. All rights reserved.